「日産NV200」のデザインは、ロンドンと日本の合作。スポーツ用サングラスをイメージしたというイエローガラスが、マットなボディカラーに映える。
「日産NV200」デキるオトコの商用車【出展車紹介】

【出展車紹介】「日産NV200」デキるオトコの商用車

「SHIFT_(シフト)」を東京モーターショー2007の展示テーマにかかげる、日産自動車。コンセプトカーとして、ワンボックス型の商用モデルも用意した。

引き出し型の荷室「カートリッジ」は、奥行き×幅×高さ=1.6×1.3×1.3m。電動で開閉する。
「日産NV200」デキるオトコの商用車【出展車紹介】
カートリッジ引き出し時のみあらわれる、「サテライトデスク」。
「日産NV200」デキるオトコの商用車【出展車紹介】
アルミホイールをあえて樹脂パーツでカバー。スポークの意匠をタイヤ部分にまで繋げるなど、ディテールにもこだわった。
「日産NV200」デキるオトコの商用車【出展車紹介】

■仕事場、走る

コンセプトカー「NV200」は「エヌブイニイマルマル」と読む。「Next generation commercial Vehicle」から名付けられた商用車である。

いわゆるガテン系のプロフェッショナルがユーザーとして想定されるが、積載性しかウリがない多くのモデルと違い「仕事場そのものとして使える」のが特徴。救急車などの特装車に近いイメージだ。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4398×1700×1840mmで「300mm短いセレナ」といったところ。エンジンは1.5リッターのクリーンディーゼルを搭載。定員はわずか2名で、車体の後ろ半分は、まるまる仕事のために使われる。

荷室は「部屋」ではなく、カートリッジと呼ばれる大きな「引き出し」になっている。その仕切りや内容物は、ユーザーの職業次第で自由にカスタマイズされる。
カートリッジが引き出されたあとの室内空間は、「サテライトデスク」を備える仕事場となる。壁にはあらかじめモニター類が備わっており、折りたたみ式のデスクと助手席からスライドさせたシートを使う。

ちなみに、展示車両は「海洋写真家バージョン」で、カートリッジ内には潜水道具が収納されされる。デスクでは、撮影した写真の編集などを行うわけだ。
商用車のダサいイメージはどこへやら。「アクティブなプロのための、スマートビジネスツール」がコンセプトである。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NV200バネットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】 2009.6.3 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
    ……186万3750円


    2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。
  • 第7回:世界の街で働くクルマ 2013.9.26 特集 日産の試乗会から、日本にない商用車や、開発段階にある“未来の働くクルマ”を紹介。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
ホームへ戻る