「308RC Zコンセプト」
プジョー「308RC Zコンセプト」のほか、ル・マン参戦「908」も注目【出展車紹介】

【出展車紹介】プジョー「308RC Zコンセプト」のほか、ルマン参戦「908」も注目

プジョー・ブースには、コンセプトカーの「308RC Z」のほか、11台の車両と1基のエンジンが展示される。


プジョー「308RC Zコンセプト」のほか、ル・マン参戦「908」も注目【出展車紹介】

■新型「308」ベースの「308RC Zコンセプト」

新型「308」の発表に合わせて、先のフランクフルトショーで世界初公開された2ドアクーペのコンセプトカー「308RC Z」。丸みを帯びたフォルムと小さなキャビンは、「アウディTT」に始まる現代のスポーツクーペに共通する要素である。

全長4276×全幅1840×全高1320mmのボディは、軽量化のためアルミやカーボンを多用。2+2の室内はレザーとアルミを用い、ただのコンセプトカーでは終わらないかもしれないデキ、と現地取材陣は伝える。
PSAプジョー・シトロエンとBMWとの共同開発になる、1.6リッターツインスクロールターボエンジン(215ps)を搭載。
なお、新型308および308SWプロローグは出展されない模様だ。

「207SW」
プジョー「308RC Zコンセプト」のほか、ル・マン参戦「908」も注目【出展車紹介】

■来年春導入予定「207SW/207SW GTi」

この3月から日本市場にも導入されている「207」のワゴンモデルが、新登場の「207SW」。フロントまわりをハッチバックと共用し、サイドからリアにかけてを専用デザインとする。全長寸法を+119mmの4156mmへと延ばし、ラゲッジスペースを大幅に拡大した。ルーフには面積の広いパノラミックガラスサンルーフを、テールゲートにはガラスハッチを採用。

もう1台の参考出品車「207SW GTi」は、EP6DTS型DOHC16バルブ、1.6リッター直噴ツインスクロールターボエンジン(175ps)を載せたスポーティモデルだ。どちらも来春、日本市場に導入の予定。

「908HDi FAP」
プジョー「308RC Zコンセプト」のほか、ル・マン参戦「908」も注目【出展車紹介】

■来年のルマンでは優勝を「908HDi FAP」

今年のルマン24時間レースに久々の復帰を果たし、準備万全とはいえなかったにもかかわらず総合2位入賞を獲得。5.5リッターのV12HDi直噴ディーゼルターボエンジンを搭載する。オープンボディが多くなった現代、クローズドボディは新鮮に映る。来年のルマンで優勝争いを演じることが、当初からの目標といわれる。

(文=knzy)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
ホームへ戻る