アストンの「V8ヴァンテージ」が仕様変更

2012.02.21 自動車ニュース

「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」一部グレードで仕様変更&値下げ

英アストン・マーティンは、スポーツカー「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」シリーズの仕様を一部変更。日本市場における価格も見直し、2012年2月20日に発売した。

今回、アストン・マーティンの2シータースポーツ「ヴァンテージ」シリーズの仕様が変更された。

最も大きな変化があったのは、ベーシックモデルである「V8ヴァンテージ」と、そのオープンバージョン「V8ヴァンテージ ロードスター」。
ともに、トランスミッションは、これまでの6段ATから「V8ヴァンテージS」にも採用されている7段AT「スポーツシフトII」へと改められ、ステアリングのギア比は17:1から15:1に。さらに、ブレーキディスクが大径化され、タイヤが10mm太くなるなど、スポーティーな性格が一段と強められた。
フロントバンパーの形状が新しいものになるなど、エクステリアにも若干の手直しが施されている。

また、ハイパフォーマンスモデル「V8ヴァンテージS」では、これまで後付けだったカーナビゲーションシステムが標準装備に。最上級モデル「V12ヴァンテージ」については、仕様・装備に変更はない。

価格は、以下のとおり(カッコ内はこれまでとの価格差)

・「V8ヴァンテージ」(6MT):1477万3500円(−90万900円)
・「V8ヴァンテージ」(7AT):1533万円(−90万900円)
・「V8ヴァンテージ ロードスター」(6MT):1714万4400円(据え置き)
・「V8ヴァンテージ ロードスター」(7AT):1770万900円(据え置き)
・「V8ヴァンテージS」(7AT):1743万円(−10万5000円)
・「V8ヴァンテージS ロードスター」(7AT):1900万5000円(据え置き)
・「V12ヴァンテージ」(6MT):2216万9700円(据え置き)

(webCG 関)

「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」
「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」
 
アストンの「V8ヴァンテージ」が仕様変更の画像
「アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター」
「アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
  • アストンマーティンの新型スポーツカー、欧州でスパイショット公開 2017.8.3 自動車ニュース 欧州で、アストンマーティンのスポーツカー「ヴァンテージ」の後継モデルとされる新型車のスパイショットが公開された。「ヴァンテージ」の後継モデルは2017年の暮れに発表される予定で、AMG製のエンジンが搭載される可能性がある。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
ホームへ戻る