アストンの「V8ヴァンテージ」が仕様変更

2012.02.21 自動車ニュース

「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」一部グレードで仕様変更&値下げ

英アストン・マーティンは、スポーツカー「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」シリーズの仕様を一部変更。日本市場における価格も見直し、2012年2月20日に発売した。

今回、アストン・マーティンの2シータースポーツ「ヴァンテージ」シリーズの仕様が変更された。

最も大きな変化があったのは、ベーシックモデルである「V8ヴァンテージ」と、そのオープンバージョン「V8ヴァンテージ ロードスター」。
ともに、トランスミッションは、これまでの6段ATから「V8ヴァンテージS」にも採用されている7段AT「スポーツシフトII」へと改められ、ステアリングのギア比は17:1から15:1に。さらに、ブレーキディスクが大径化され、タイヤが10mm太くなるなど、スポーティーな性格が一段と強められた。
フロントバンパーの形状が新しいものになるなど、エクステリアにも若干の手直しが施されている。

また、ハイパフォーマンスモデル「V8ヴァンテージS」では、これまで後付けだったカーナビゲーションシステムが標準装備に。最上級モデル「V12ヴァンテージ」については、仕様・装備に変更はない。

価格は、以下のとおり(カッコ内はこれまでとの価格差)

・「V8ヴァンテージ」(6MT):1477万3500円(−90万900円)
・「V8ヴァンテージ」(7AT):1533万円(−90万900円)
・「V8ヴァンテージ ロードスター」(6MT):1714万4400円(据え置き)
・「V8ヴァンテージ ロードスター」(7AT):1770万900円(据え置き)
・「V8ヴァンテージS」(7AT):1743万円(−10万5000円)
・「V8ヴァンテージS ロードスター」(7AT):1900万5000円(据え置き)
・「V12ヴァンテージ」(6MT):2216万9700円(据え置き)

(webCG 関)

「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」
「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」
 
アストンの「V8ヴァンテージ」が仕様変更の画像
「アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター」
「アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V8ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • アストンマーティン、600psの新型「ヴァンキッシュS」を発表 2016.11.16 自動車ニュース 英アストンマーティンは2016年11月16日(現地時間)、新たなフラッグシップクーペとなる新型「ヴァンキッシュS」を発表した。従来モデルの「ヴァンキッシュ」からエンジン、シャシー、エアロダイナミクスが見直され、走行性能が強化されている。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る