右ハンドル仕様の「ハマーH3」登場【出展車紹介】

【出展車紹介】「ハマーH3」の右ハンドル仕様登場

ハマーは、2008年モデルとして「H3」の右ハンドルモデルを出展する。

「H3」は、2008年モデルから輸入権を三井物産オートモーティブ(株)からGMAPジャパンに移管した。従来左ハンドルのみが輸入されていたH3に、初めて右ハンドル仕様車が導入されるのはトピックだろう。

アメリカンSUVというか「ハマー」というひとつのカテゴリーおよびブランドを確立したハマー。巨大な「H1」から「H2」、そして「H3」へとダウンサイジングを受けながら着実に数を増やしていき、街で見かけることも多くなった。
デカいといってもH3の外寸は、全長4720×全幅1980×全高1860/1910mmと、意外に「コンパクト」だといえるかもしれない。

(文=knzy)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ハマーH3 ラグジュアリー(4WD/4AT)【試乗記】 2008.7.9 試乗記 ハマーH3 ラグジュアリー(4WD/4AT)
    ……599万4000円

    2008年モデルから右ハンドル仕様が加わった「ハマーH3」。扱いやすくなった「強面系SUV」に目を付ける人は増えているようで……。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • あの「ハマー」がヤナセで買える 2005.8.26 自動車ニュース 米ゼネラルモーターズ社の巨大SUV「ハマー」の正規輸入販売を手がける三井物産オートモーティブは、2005年8月25日、ヤナセと販売店契約を締結したと発表した。
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2013.2.27 試乗記 スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)
    ……316万6850円

    5年ぶりのフルモデルチェンジを受けて、2012年11月にデビューした新型「フォレスター」。パワフルな直噴ターボエンジンや、人気の「EyeSight」を備えた最上級グレードを駆り、その魅力をあらためて検証する。
ホームへ戻る