【スペック】全長×全幅×全高=4590×1830×1685mm/ホイールベース=2730mm/車重=1630kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(143ps/6000rpm、20.8kgm/4000rpm)/価格=345.0万円(テスト車=360.0万円)

シトロエンC4ピカソ 2.0エクスクルーシブ(FF/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】

シトロエンC4ピカソ 2.0エクスクルーシブ(FF/2ペダル6MT) 2007.10.15 試乗記 ……360.0万円
総合評価……★★★★★
2007年6月に日本への導入が開始された、フレンチ・ミニバン「シトロエンC4ピカソ」。日本において全盛のミニバンだが、C4ピカソにはそれとは違ったよさがあるという。

シトロエンC4ピカソ 2.0エクスクルーシブ(FF/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】

トレビアン!

シトロエンのミニバン「C4ピカソ」と3日間500kmを過ごした。ほとんどひとり乗りで。運んだのはもっぱら空気という、ふさわしくない使い方をしてしまった。ミニバンのドライバーといえば、運転手。ひとりで運転手を演じることほど、むなしいものはない。

ところがピカソでの3日間500kmは、楽しくてしかたなかった。
路面から太陽まで一気に見えるパノラマ視界。見て触れて楽しいインターフェイス。長く高い車体を忘れさせるハイレベルなハンドリング。そしてシトロエン伝統の優しいシートとサスペンション。これらがミニバンらしからぬ喜びをドライバーにもたらしてくれたのだ。

しかも室内の仕上げは同じ2リッターの国産ミニバンよりはるかに上質で、クルージングでは驚くほど静か。フランス車は安っぽいという定義さえ、ピカソは過去のものにしてしまった。

広さや収納やシートアレンジなら、日本のミニバンもすばらしい。最近は走りもよくなった。でも、そこで終わっている。便利な道具でしかない感じがする。ピカソはその先まで見つめている。所有する満足感や、移動の快感もある。だから国産車より100万円高い価格が納得できる。
7つのシートを必要としない自分のような人間でさえ、欲しいと思ってしまう。こんなミニバン、なかなかない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る