歩行モードの「i-REAL」
「トヨタi-REAL」既存インフラも活用でき、ますますリアルに【出展車紹介】

【出展車紹介】「トヨタi-REAL」既存インフラも活用でき、ますますリアルに

トヨタ自動車が提案する一人乗りのモビリティは、すでに3世代目に突入。今回のショーでは、ますます現実味を帯びた「i-REAL(アイリアル)」を出展する。

手元にある「コミュニケーションディスプレイ」には、すれ違った「i-REAL」のプロフィールなどが表示され、出会いのサポートをするとか。
「トヨタi-REAL」既存インフラも活用でき、ますますリアルに【出展車紹介】
走行モードの図。背面に現れる光の模様は、周囲に自車の動きを伝える役割をもつ。
「トヨタi-REAL」既存インフラも活用でき、ますますリアルに【出展車紹介】

■アクティブリーンでスポーティな走行も

トヨタのひとり乗りのコンセプトカーといえば、2005年の「愛・地球博」に登場した「i-unit(アイユニット)」を思い浮かべる人は多いだろう。当時は“未来のコンセプトビークル”として紹介されていたが、その後、同じ年の東京モーターショーで4輪から3輪の「i-swing」に進化。さらに2年が経ち、未来の乗り物は近い将来に実現可能なパーソナルモビリティとして、よりリアルな存在となって姿を現した。その名も「i-REAL」である。

i-swingがフロント1輪、リヤ2輪のレイアウトだったのに対し、このi-REALではフロント2輪、リヤ1輪に変更。全幅は、歩道などを動いても他の歩行者に迷惑がかからないよう700mmに抑えた。またこのサイズは、電動車いすやセニアカーに近いもので、エレベーターやスロープなどの既存インフラを利用することも考慮されているという。

「歩行モード」では、占有スペースを小さくするためにホイールベースを短くして全長を995mmとし、一方、全高は1430mmに高めて他の歩行者とのコミュニケーションを容易にしている。車両の周囲を監視するセンサーによって、歩行者の接近を乗員に知らせるとともに、歩行者に接触することがあってもケガを負わせないよう、ホイールカバーやサイドサポートの外側などはソフトな素材が用いられている。

反対にクルマとして車道を走る「走行モード」では、ホイールベースを伸ばすと同時に、低重心化を図ることで、安定した走行を狙う。このときの全長、全高はそれぞれ1510mm、1125mm。車両のコントロールは左右いずれかのレバーを操作して行う。走行モードでは、車両を傾けることで最大0.8Gの旋回が可能な「アクティブリーン」を実現し、スポーティさも手に入れることになった。

果たしていつ実用化されるのか? その時期が気になる。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。