「ダイハツOFC-1」次期型コペンはグラスルーフ採用か?【出展車紹介】

【出展車紹介】「ダイハツOFC-1」次期型コペンはグラスルーフ採用か?

創立100周年を機に制定された新スローガン『Innovation for Tomorrow』をテーマに掲げるダイハツのブースに、軽自動車規格のオープンカーが展示される。もちろん、次期「コペン」と予想されるクルマだ。

■オープン・フューチャー・コンセプト・ワン(OFC-1)

フランクフルトモーターショーで世界初公開された「OFC-1」が、いよいよ本拠地日本でデビュー。次世代オープンカーのコンセプトと謳うものの、その内外装の作り込みはかなり現実的で、「間もなく発表される次期型コペン」と言われても驚かない。

エクステリアデザインは現行コペンとずいぶん違った路線。前後ライト形状の変更が効いているのだろう、従来のかわいらしい雰囲気ではなく厳しい(?)顔つきに。ボクスターやTTロードスターを思わせる。

グラスルーフを採用し、ルーフを閉じてもあふれる開放感を実現。天候を問わないオープンエア感覚の楽しさと走りの楽しさを融合させたという。スイッチ操作で透過/不透過の切り替えが可能な液晶サンシェイドがグラスルーフに内蔵されるなど、コンセプトカーらしい新提案も忘れない。

気になるサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1290mm、ホイールベースは2230mm。現行コペン比で45mm背が高く、ほかはすべて同じ。もちろん軽規格に収まるサイズである。

パワートレインには直列3気筒ターボエンジンを採用。これに7段パドルシフトを備えたCVTが組み合わされる。駆動方式はFF。SPORT、NORMAL、COMFORTと3段階に切替可能な電子制御サスペンションや17インチのアルミホイール+タイヤ、4輪ディスクブレーキなども備え、走りのパフォーマンス向上も間違いない。

(文=ks)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • ダイハツ・コペン エクスプレイ(FF/5MT)【試乗記】 2015.5.19 試乗記 個性的なエクステリアデザインで“新ジャンル感”を追求したという、ダイハツのオープン軽「コペン エクスプレイ」。5段MTモデルで、その素顔に迫った。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 JAIA輸入車試乗会2017 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る