【出展車紹介】アルファ・ロメオのディーゼルモデル登場

アルファ・ロメオからは残念ながら今回はニューモデルの出品はないが、いくつかの日本未発売のモデルが展示される予定だ。

■拝んでおきたい「アルファ8C コンペティツィオーネ」

現行のラインナップが揃う中で、「アルファGT 1.9 JTDM Q2 ディスティンクティブ」と「アルファ スパイダー 2.4 JTDM Q-トロニック」が要注目だ。JTDM、つまりコモンレール式直噴ディーゼルエンジンを搭載するモデルで、いよいよアルファもディーゼルモデルを日本に導入するものと見られる。

オシャレ系では「Alfa 147 2.0 TWIN SPARK Selespeed Costume National」がある。ファッション・ブランドのコスチューム・ナショナルのデザイナーであるエンニオ・カパサ氏とのコラボレーションで作り上げられたモデル 。エクステリアにはエルドラド・ホワイトと名付けられた特別色が与えられ、シートはレザーとアルカンタラ、ジャカード織の生地で仕上げられている。

また、「Alfa Unica」仕様のモデルも展示される。これはアルファ・ロメオが提供するカスタマイズ・プログラムで、「Vintage」「Collezione」「TI (Turismo Internazionale)」の3種がある。

ぜひとも拝んでおきたいのは「8Cコンペティツィオーネ」だ。アルファ久々のFRモデルは今年4月に披露された時点ですでに日本の割当台数の70台が完売していた。手に入れることはできないが、この機会にしっかりと眼に焼き付けておきたい。

(別冊単行本編集室 鈴木)

「アルファ スパイダー 2.4 JTDM Q-トロニック」
「アルファ スパイダー 2.4 JTDM Q-トロニック」
「アルファGT 1.9 JTDM Q2 ディスティンクティブ」
「アルファGT 1.9 JTDM Q2 ディスティンクティブ」
「アルファ147 2.0 TWIN SPARK Selespeed Costume National」
「アルファ147 2.0 TWIN SPARK Selespeed Costume National」
「8Cコンペティツィオーネ」
「8Cコンペティツィオーネ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファ8Cコンペティツィオーネの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
ホームへ戻る