「アルファ スパイダー 2.4 JTDM Q-トロニック」
拝んでおきたい「アルファ8C コンペティツィオーネ」【出展車紹介】

【出展車紹介】アルファ・ロメオのディーゼルモデル登場

アルファ・ロメオからは残念ながら今回はニューモデルの出品はないが、いくつかの日本未発売のモデルが展示される予定だ。

「アルファGT 1.9 JTDM Q2 ディスティンクティブ」
拝んでおきたい「アルファ8C コンペティツィオーネ」【出展車紹介】
「アルファ147 2.0 TWIN SPARK Selespeed Costume National」
拝んでおきたい「アルファ8C コンペティツィオーネ」【出展車紹介】
「8Cコンペティツィオーネ」
拝んでおきたい「アルファ8C コンペティツィオーネ」【出展車紹介】

■拝んでおきたい「アルファ8C コンペティツィオーネ」

現行のラインナップが揃う中で、「アルファGT 1.9 JTDM Q2 ディスティンクティブ」と「アルファ スパイダー 2.4 JTDM Q-トロニック」が要注目だ。JTDM、つまりコモンレール式直噴ディーゼルエンジンを搭載するモデルで、いよいよアルファもディーゼルモデルを日本に導入するものと見られる。

オシャレ系では「Alfa 147 2.0 TWIN SPARK Selespeed Costume National」がある。ファッション・ブランドのコスチューム・ナショナルのデザイナーであるエンニオ・カパサ氏とのコラボレーションで作り上げられたモデル 。エクステリアにはエルドラド・ホワイトと名付けられた特別色が与えられ、シートはレザーとアルカンタラ、ジャカード織の生地で仕上げられている。

また、「Alfa Unica」仕様のモデルも展示される。これはアルファ・ロメオが提供するカスタマイズ・プログラムで、「Vintage」「Collezione」「TI (Turismo Internazionale)」の3種がある。

ぜひとも拝んでおきたいのは「8Cコンペティツィオーネ」だ。アルファ久々のFRモデルは今年4月に披露された時点ですでに日本の割当台数の70台が完売していた。手に入れることはできないが、この機会にしっかりと眼に焼き付けておきたい。

(別冊単行本編集室 鈴木)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファ8Cコンペティツィオーネの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
  • ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ 2017.7.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施した。外装のブラッシュアップに加えて、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された。
ホームへ戻る