【スペック】350G:全長×全幅×全高=4695×1785×1550mm/ホイールベース=2780mm/車重=1660kg/駆動方式=FF/3.5リッター V6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、35.1kgm/4700rpm)/価格=333万円(テスト車=427万1850円/HDDナビゲーションシステム=42万6300円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=30万300円/クリアランスソナー&バックソナー=4万2000円/本革シート表皮(フロントシートヒーター付)=17万3250円)

トヨタ・マークX ジオ350G(FF/6AT)/240G(FF/CVT)【試乗速報】

二兎を追うもの 2007.10.12 試乗記 トヨタ・マークX ジオ350G(FF/6AT)/240G(FF/CVT)
……427万1850円/345万9550円

「4+Free」という新たなコンセプトにより誕生した「マークX ジオ」。そのユーティリティと走りを検証する。

たとえるなら、カフェバー

トヨタが「ホンダ・オデッセイ」対抗モデルを出すという噂だったから、てっきりソックリなのかと思った。過去にそういう事例があったわけだし。でも姿を見せた「マークX ジオ」は別物だった。「マークX」を名乗るものの縦置きエンジン後輪駆動ではなく、横置きエンジン前輪駆動ベースの3列シートというのはオデッセイに近いが、実物は見た目からして違う。

そのスタイリングを見ると、前後のライトがボディの端にあり、ドアは長い。そしてミニバンにありがちなリアの重さはない。ブレイドをふくらませた感じもするし、SUVの車高を低めたようにも見える。

キャビンに入ると、まずはワインカラーのシートやトリムに目を奪われる。そこに淡いブルーのメーターやエアコンのダイヤル、ドアトリムのクロームのS字カーブなどをちりばめた空間は、カフェバーっぽい。カフェバーとしたのは、天井の大型間接照明が蛍光色の白色LEDだからでもある。建築の世界では白熱色照明がいまのトレンドであり、こちらはひと昔前の演出という雰囲気がするのだ。


トヨタ・マークX ジオ350G(FF/6AT)/240G(FF/CVT)【試乗速報】の画像

トヨタ・マークX ジオ350G(FF/6AT)/240G(FF/CVT)【試乗速報】の画像
天井には、白色LEDのルームランプが後席に向かって連なる。
天井には、白色LEDのルームランプが後席に向かって連なる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マークXジオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.27 試乗記 好調なセールスが伝えられる、トヨタのミニバン「アルファード」。人気の秘密はどこにあるのか? ハイブリッドの上級モデルに試乗して、そのポイントを探った。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
ホームへ戻る