フィアット「パンダ」にスポーティな特別仕様車

2007.10.11 自動車ニュース

フィアット「パンダ」にスポーティな特別仕様車

フィアット・オート・ジャパンは、コンパクトカー「パンダ」に特別仕様車「パンダ100HP」を設定。2007年10月11日に発売した。

「パンダ100HP」は、従来の1.2リッター直4SOHC8バルブエンジンではなく、1.4リッター直4DOHC16バルブエンジンを搭載した130台限定の特別仕様車。 最大出力は100ps/6000rpm、13.3kgm/4250rpm。1.2に較べ40psと2.9kgmのアップとなった。車名の“100HP”はこの出力が由来となっている。

組み合わされるトランスミッションは6MTのみ。「スポーツスイッチ」により走行モードの選択ができ、よりスポーティかつダイレクトなドライビングを実現したと謳う。

大型グリルを備えたエクステリアは、サイズアップした15インチ・アロイホイールのほか、赤く塗装されたブレーキキャリパー、サイドスカートなどのエアロパーツが装着され、スポーティな性格をより強くアピールする。

インテリアはブラック/グレーのツートーンカラーに統一され、バケットタイプのシートを装備。ステアリングホイールは「100HP」専用のレザー仕様となる。

価格は207万円。

(webCG 玉城)


フィアット「パンダ」にスポーティな特別仕様車の画像

フィアット「パンダ」にスポーティな特別仕様車の画像

フィアット「パンダ」にスポーティな特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る