「ティグアン」
【出展車紹介】「フォルクスワーゲン・ティグアン」初披露、技術展示も注目

【出展車紹介】「フォルクスワーゲン・ティグアン」初披露、技術展示も注目

フォルクスワーゲンが幕張メッセに持ち込むのは、計14台のモデル。そのうち1台が世界初公開となるコンセプトモデル、2台が日本初公開のモデルだ。

「up!」
「フォルクスワーゲン・ティグアン」初披露、技術展示も注目【出展車紹介】「
「パサートヴァリアントR36」
「フォルクスワーゲン・ティグアン」初披露、技術展示も注目【出展車紹介】「

■テーマは「Moved by the Future」

フランクフルトで発表された「up!」は、リアエンジンのコンパクトカーだったが、今回ワールドプレミアとなるのはこれに続くモデルだ。
「new small family」コンセプトに基づくもので、環境エネルギー問題を意識した提案を形にしたものになるらしい。

「トゥアレグ」の弟分たる小型SUVの「ティグアン」は、2007年11月からヨーロッパで発売が開始されるが、日本ではこれが初のお目見えだ。すべてのモデルが過給器付きエンジンを搭載しているところが、最近のフォルクスワーゲンらしい。

もう1台の日本初公開モデルは、「パサートヴァリアントR36」。300psの3.6リッターエンジンに6段DSGと4モーションを組み合わせたパサート史上最強を謳うプレミアム・スポーツモデルである。

TSI、DSGといった最新テクノロジーの展示にも力を入れてアピールしていく予定だ。

(別冊単行本編集室 鈴木)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る