「BMW M3」に4ドアセダンバージョンが追加

2007.10.11 自動車ニュース

「BMW M3」に4ドアセダンバージョンが追加

独BMWは2007年10月9日、ハイパフォーマンスな2ドアクーペ「M3」に、4ドアのセダンバージョンを追加したと発表した。

「M3セダン」は、今年9月15日に日本で発売された高性能モデル「BMW M3 クーペ」の4ドアバージョンだ。3シリーズ・セダンの4ドアボディに、クーペと同じ新開発のV8エンジンを押し込んだ。

その心臓を取り囲むフロントまわりのエクステリアも、丸ごとクーペと共通のデザインが与えられた。ヘッドランプやスポイラーはもとより、ボンネットにはクーペ同様のパワーバルジが盛り上がり、フェンダー側面には「魚のエラ」のようなエアアウトレットが口を開ける。

肝心のアウトプットは、クーペと同じで、420ps/8300rpmと40.8kgm/3900rpm。目下、選べるギアボックスは6段MTのみだ。
0-100km/h加速に要する時間は4.9秒と、クーペに比べて0.1秒“だけ”のビハインドとなる。同社が性能テストの指標とする「ニュルブルクリンク北コース」では、歴代「M3」の最高速とラップタイムを大幅に上まわり、現行クーペモデルとほぼ同じ数値をたたき出すという。

家族・友人をともなう機会が(比較的)多いであろうM3セダンの安全装備は、6エアバッグ、全座席3点式シートベルト、ベルトラッチテンショナー、ベルトフォースリミッター、それらを最適に制御するセントラルセーフティエレクトロニクスなど。
快適装備として、9チャンネルアンプと16スピーカーからなる「BMW Individualハイエンドオーディオシステム」などのオプションが豊富に用意される。

(webCG 関)

「BMW M3 セダン」
「BMW M3 セダン」
クーペと同じ、大穴の開いたフロントまわり。冷却効率を優先して、フォグランプは付かない。
クーペと同じ、大穴の開いたフロントまわり。冷却効率を優先して、フォグランプは付かない。
ホイールサイズは18インチ。オプションで19インチの鍛造アルミも選べる。
ホイールサイズは18インチ。オプションで19インチの鍛造アルミも選べる。
「M3」ならではのデュアルエグゾーストパイプが顔を出す。
「M3」ならではのデュアルエグゾーストパイプが顔を出す。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M3セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 100周年記念モデル、第11弾は「4シリーズ グランクーペ」 2016.10.24 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月24日、「BMW 4シリーズ グランクーペ」の特別仕様車「4シリーズ グランクーペ セレブレーションエディション インスタイル」を設定し、同年11月5日に発売すると発表した。200台限定販売で、価格は642万円。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る