「BMW M3」に4ドアセダンバージョンが追加

2007.10.11 自動車ニュース

「BMW M3」に4ドアセダンバージョンが追加

独BMWは2007年10月9日、ハイパフォーマンスな2ドアクーペ「M3」に、4ドアのセダンバージョンを追加したと発表した。

「M3セダン」は、今年9月15日に日本で発売された高性能モデル「BMW M3 クーペ」の4ドアバージョンだ。3シリーズ・セダンの4ドアボディに、クーペと同じ新開発のV8エンジンを押し込んだ。

その心臓を取り囲むフロントまわりのエクステリアも、丸ごとクーペと共通のデザインが与えられた。ヘッドランプやスポイラーはもとより、ボンネットにはクーペ同様のパワーバルジが盛り上がり、フェンダー側面には「魚のエラ」のようなエアアウトレットが口を開ける。

肝心のアウトプットは、クーペと同じで、420ps/8300rpmと40.8kgm/3900rpm。目下、選べるギアボックスは6段MTのみだ。
0-100km/h加速に要する時間は4.9秒と、クーペに比べて0.1秒“だけ”のビハインドとなる。同社が性能テストの指標とする「ニュルブルクリンク北コース」では、歴代「M3」の最高速とラップタイムを大幅に上まわり、現行クーペモデルとほぼ同じ数値をたたき出すという。

家族・友人をともなう機会が(比較的)多いであろうM3セダンの安全装備は、6エアバッグ、全座席3点式シートベルト、ベルトラッチテンショナー、ベルトフォースリミッター、それらを最適に制御するセントラルセーフティエレクトロニクスなど。
快適装備として、9チャンネルアンプと16スピーカーからなる「BMW Individualハイエンドオーディオシステム」などのオプションが豊富に用意される。

(webCG 関)

「BMW M3 セダン」
「BMW M3 セダン」
クーペと同じ、大穴の開いたフロントまわり。冷却効率を優先して、フォグランプは付かない。
クーペと同じ、大穴の開いたフロントまわり。冷却効率を優先して、フォグランプは付かない。
ホイールサイズは18インチ。オプションで19インチの鍛造アルミも選べる。
ホイールサイズは18インチ。オプションで19インチの鍛造アルミも選べる。
「M3」ならではのデュアルエグゾーストパイプが顔を出す。
「M3」ならではのデュアルエグゾーストパイプが顔を出す。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
ホームへ戻る