「マツダ・アテンザスポーツ」
「マツダ・アテンザ」Zoom-Zoomのさらなる進化を見せる次期型【出展車紹介】

【出展車紹介】「マツダ・アテンザ」Zoom-Zoomのさらなる進化を見せる次期型

マツダは、デビュー間近となる新型「アテンザ」を出展。ワールドプレミアとなったフランクフルトショーでの車両より、スポーティな仕様でお披露目されるという。

 
「マツダ・アテンザ」Zoom-Zoomのさらなる進化を見せる次期型【出展車紹介】
ワゴンには、リアゲートの開閉と連動して動く「KARAKURIトノボード」が採用される。もちろん、後席シートバックを簡単に倒すことができる「KARAKURIフォールド」は健在。
「マツダ・アテンザ」Zoom-Zoomのさらなる進化を見せる次期型【出展車紹介】
2.5リッターグレードにはフルフラットのアンダーボディパネルが装備される。
「マツダ・アテンザ」Zoom-Zoomのさらなる進化を見せる次期型【出展車紹介】

■新エンジンはレギュラー仕様、高出力低燃費の2.5リッター

2002年5月にデビューしたミドルクラスセダン「アテンザ」が、およそ5年の歳月を経て2代目に進化する。

セダン、スポーツ(5ドアハッチバック)、ワゴンという3つのボディスタイルは継承。FFセダンを例に取ると、ディメンションは4735(先代比+65)×1795(同+15)×1440(同+10)mmとなり、ホイールベースは2725(同+50)と、ひとまわり以上も大きくなった。
エクステリアは「日本の美意識」を採り入れつつ、よりスポーティにデザインされたという。このボディは空力性能も高く、Cd値0.27は歴代マツダ市販車で最も良い数字であるという(ワゴンは0.28)。

搭載エンジンには2.3リッターに代わり、2.5リッターのMZRユニットを採用。最高出力170ps/6000rpm、最大トルク23.0kgm/6000rpmとパワーアップを果たしたが、レギュラーガソリン仕様としたうえ、2.3リッターより燃費も向上したと謳われる。さらにピストンやコンロッドの軽量化により、エンジンの騒音低減を目指した。このほか、キャリーオーバーとなる2リッター(150ps、18.6kgm)が用意される。

トランスミッションはFF車には5段AT、4WD車には6段ATが組み合わせられ、どちらもAAS(アクティブ・アダプティブ・シフト)を搭載する。これはRX-8のATに採用されたもので、道路環境やドライバーの意思から最適なギアポジションを選択する機能だ。
サスペンション形式は従来型を踏襲するも、細部には細かいチューニングが施されたのはいうまでもない。

パワステにはRX-8用を進化させたという電動式を採用。ステアリングホイールには、オーディオとドライビングインフォメーション、エアコンを一か所で操作できるマルチコントロールシステム「CF-Net」のコントローラーが備わる。
ドライバーの視線移動を少なくする「CF-Net」を含め、新型アテンザには、左右車線の後方から接近するクルマを知らせる「リアビークルモニタリングシステム」、前走車との距離を保ちながら追従走行ができる「マツダレーダークルーズコントロールシステム」の3つの新しい安全技術が盛り込まれた。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る