【スペック】1.3G:全長×全幅×全高=3900×1695×1525mm/ホイールベース=2500mm/車重=1010kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(100ps/6000rpm、13.0kgm/4800rpm)(テスト車はプレ生産車)

ホンダ・フィット(プロトタイプ)【試乗記】

クールな英断 2007.10.11 試乗記 ホンダ・フィット(プロトタイプ)

ホンダの主力コンパクトカー「フィット」が間もなくフルモデルチェンジを果たす。発売前に新型のプロトタイプに試乗した。

1.3と1.5

ニューモデルが出る度に、クルマというものは必ず大きくなり、重たくなってゆく。衝突安全性を考えれば、それを避けられないことはよくわかる。しかし、最近の「より広く、より高く」一辺倒な自動車造りを見ていると、そこに一抹の不安や安直さを感じないではいられない。

そんなマンネリ?を、最初に打破したのは「マツダ・デミオ」であった。トールワゴンからシティコミューターへコンセプトを転換し、いま一度小型車に求められる“本当に必要なサイズ”を問うた。

2007年10月18日に発表される新型「ホンダ・フィット」は、キープコンセプト。デミオが捨てたジャンルを極める形で登場したともいえる。真意はどこにあるのか?

従来、フィットのラインナップは「A」や「Y」と排気量ごとに細かくグレードを分けていた。今回は、至ってシンプル。排気量は従来通り1.3と1.5リッターの2種類。前者がベーシックな「G」と豪華仕様の「L」、後者は「RS」のみとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る