クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】1.3G:全長×全幅×全高=3900×1695×1525mm/ホイールベース=2500mm/車重=1010kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(100ps/6000rpm、13.0kgm/4800rpm)(テスト車はプレ生産車)

ホンダ・フィット(プロトタイプ)【試乗記】

クールな英断 2007.10.11 試乗記 ホンダ・フィット(プロトタイプ)

ホンダの主力コンパクトカー「フィット」が間もなくフルモデルチェンジを果たす。発売前に新型のプロトタイプに試乗した。

1.3と1.5

ニューモデルが出る度に、クルマというものは必ず大きくなり、重たくなってゆく。衝突安全性を考えれば、それを避けられないことはよくわかる。しかし、最近の「より広く、より高く」一辺倒な自動車造りを見ていると、そこに一抹の不安や安直さを感じないではいられない。

そんなマンネリ?を、最初に打破したのは「マツダ・デミオ」であった。トールワゴンからシティコミューターへコンセプトを転換し、いま一度小型車に求められる“本当に必要なサイズ”を問うた。

2007年10月18日に発表される新型「ホンダ・フィット」は、キープコンセプト。デミオが捨てたジャンルを極める形で登場したともいえる。真意はどこにあるのか?

従来、フィットのラインナップは「A」や「Y」と排気量ごとに細かくグレードを分けていた。今回は、至ってシンプル。排気量は従来通り1.3と1.5リッターの2種類。前者がベーシックな「G」と豪華仕様の「L」、後者は「RS」のみとなる。

ホンダ・フィット・プロトタイプ()【短評】

2つのULTRA

気になるボディサイズは、全長×全幅×全高=3900(+70)×1695(+20)×1525(同寸)mm。増やされた全長のうち50mmはホイールベースにあてられ、その結果、2500mmになった。ホンダによると、リアシートのレッグスペースは、現行アコードよりも広くなった。多彩なシートアレンジが好評であった後席「ULTRAシート」も健在だ。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
ホンダ・フィット(プロトタイプ)【短評】

トランクも従来の382リッターから427リッターへ容量アップ。フレキシブルボード(「G」ではオプション)で上下二段にスペースをしきり、さらに床下へ64リッターの隠し収納スペースを持つ「ULTRAラゲッジ」へと進化した。
ちなみにこのフレキシブルボードは中央がハンモックのようなネット状になっており、荷物の出し入れが非常にラク。その実力も大したもの。今回のテストコースである鷹栖試験場のバンクや高速周回路を全開で駆け抜けても、筆者のメモ帳とボールペンはしっかりネットに収まっていた。

1.5RSプロトタイプ
ホンダ・フィット・プロトタイプ()【短評】

さて新型フィットの走りである。エンジンは1.3、1.5ともiーVTEC。1.3リッターは従来の86ps/12.1kgmから100ps/13.0kgmとなり、これにCVTが組み合わされる。“売れセン”は間違いなくこの1.3だろう。初期の食いつき感を高め、坂道ではクリープまで作り出したCVTの制御も秀逸。1010kgという車重に対し、100psを有効に使い切れる。しかも燃費は、24km/リッターをマークするという。

関連キーワード

格上モデルを喰う

ただし個人的には1.5RSを強く推す。その理由は、コンパクトカーらしからぬ走りの質感にある。100ps/14.6kgmから120ps/14.8kgmとなったエンジンは、出力だけでなく、伸び感や音質の透明度でも1.3よりワンランク上。どうしても「頑張ってる感」が拭いきれない1.3に対し、こちらは「さすがはホンダのエンジン」と思える気持ちよさがある。明らかにコストを意識した1.3のタイヤと比較して、1.5はロードノイズ面でも有利。で、これなら遠出も苦にならない。

ハンドリングにおいては、旧型が持っていた「切った直後に反応する」ダイレクト感は薄れ、かなりフェミニンな味付けになった。そのぶんステアリングホイールごしに伝わる旧型のゴツゴツ感もぬぐえたわけで、このトレードオフには納得できる。ちなみに1.5RSのカタログ燃費は19.6km/リッター(10・15モード)。今回試乗したのはパドルシフト付きの7速CVTであったが、1.5RSには5MT車(16インチアルミ/4輪ディスクブレーキ)も用意されるという。

新型フィット(プロトタイプだが)の“若干の”サイズアップは、自動車社会全体へのダウンサイジングを促す……、つまりより大きなクルマからの乗り換えを促していた。

ニューフィットRSは、1.5リッター車として超オーバークオリティなでき栄えと感心した。渋滞を緩和し、資源を節約するためには、「自社の格上モデルを喰うことさえやむなし」とホンダは英断したのだろう。クールだ。

(文=山田弘樹/写真=本田技研工業)


ホンダ・フィット(プロトタイプ)【試乗記】の画像 拡大
【スペック】1.5RS:全長×全幅×全高=3920×1695×1525mm/ホイールベース=2500mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6600rpm、14.8kgm/4800rpm)(テスト車はプレ生産車)
【スペック】1.5RS:全長×全幅×全高=3920×1695×1525mm/ホイールベース=2500mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6600rpm、14.8kgm/4800rpm)(テスト車はプレ生産車)
拡大
あなたにおすすめの記事
車買取・中古車査定 - 価格.com