スズキ「コンセプト Kizashi 2」クロスオーバースポーツワゴン【出展車紹介】

【出展車紹介】「スズキ・コンセプト Kizashi 2」クロスオーバースポーツワゴン

今年のショーも、2005年に引き続き「小さなクルマ、大きな未来。」がスズキ四輪車のテーマ。5台ものワールドプレミアを含む19台を出展し、力が入る。

■スズキの新カテゴリー

「コンセプト Kizashi 2」は、「小さなクルマ」を得意とするスズキが、これからDセグメントへ進出するキザシ(兆し)を示唆するものとか。
2007年9月のフランクフルトショーでお披露目した「コンセプト・キザシ」そのものかと思いきや、東京モーターショーに出展するのは早くもセカンドバージョンの「キザシ2」で、クロスオーバー・スポーツワゴンとしたもの。

パワーユニットは、スズキ最大のV型6気筒DOHC24バルブ3564ccエンジン+6段ATの組み合わせで、駆動方式はi-AWD。
決して「小さなクルマ」ではなくて、ホイールベース2850mm、全長4650×全幅1950×全高1500mmの堂々たる5人乗り。キザシに対しては全高寸法が100mm高い。また、あちらはディーゼルターボ搭載と発表されていたのに対し、パワートレーンにはハイブリッドも視野に入れているという。足まわりは新型マルチリンク。押し出しの強いエクステリアデザインは、もちろん同じ流れにある。

(文=knzy)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。