「MITSUBISHI Concept-cX」現実味溢れるギャラン顔のコンパクトSUV【出展車紹介】

【出展車紹介】「三菱コンセプト-cX」現実味溢れるギャラン顔のコンパクトSUV

三菱自動車工業が東京モーターショーでジャパンプレミアを迎えるのは、逆スラントノーズの新世代三菱車デザインをまとうコンパクトSUVのコンセプトカーである。

■ディーゼルターボ+2ペダルMT

「三菱コンセプト-cX」は、フランクフルトモーターショーでデビューを果たしたコンパクトSUVで、東京ショーに出展されるのは同一の車両。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4100×1750×1550mm。「三菱コルト・プラス」に近いサイズといえばわかりやすいだろう。2007年6月に生産を終えた「パジェロ・イオ」の後継モデルとも思わせるコンセプトカーだ。

エンジンは三菱重工との共同開発によるもので、134psと28.6kgmを発生する1.8リッターディーゼルターボエンジンが搭載される。トランスミッションは、「ランエボX」にも採用された2ペダルMT「Twin Clutch SST」。駆動方式はアウトランダー、デリカD:5と同様の電子制御4WDである。

スタイリングコンセプトは「冒険心をかきたて、都会の雑踏を突き抜けるコンパクトカー」。エクステリアには、「ギャラン・フォルティス」でなどと共通のアイデンティティとなる「逆スラントノーズ」と台形のフロントグリルに加え、鋭い形状のヘッドランプが与えられた。リアビューで印象的なT字型のガラステールゲートは、アウトランダーのように上下開閉式となる。

三菱自動車独自の技術で、植物から抽出されたでんぷんが由来の樹脂「グリーンプラスチック」がインテリア素材に多用される。二酸化炭素の増加につながる石油の使用を抑えることで、環境への配慮をアピールしたものだ。

(NAVI ヤマダ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。