名称は、同車のグローバル展開を視野に入れ、従来のスカイライン名を取り除いた「日産GT-R」とされた。
【出展車紹介】日産GT-R、デビューまで秒読み

【出展車紹介】「日産GT-R」、デビューまで秒読み

2007年10月26日から「第40回東京モーターショー」が一般公開される。日産自動車はコンセプトカー4台とともに、市販“決定”車「GT-R」を高々と展示する予定だ。

■コンセプトカーじゃない!

既報の通り、日産自動車は、年内の発売が予定されているハイパフォーマンスカー「GT-R」について、情報の開示を進めている。

9月26日からは、GT-R専用ウェブサイト(http://www.gtrnissan.com)を6カ国語で立ち上げ、同日より先行予約の受け付けを開始。価格は700万円台後半からと決まった。
さらに、今年12月の発売開始時には「日産ハイパフォーマンスセンター」を日本全国160か所に設置し、サービス体制を充実させることが告げられた。

GT-Rの正式なデビューの場は、「東京モーターショー2007」のプレスデー初日(10月24日)。昼過ぎには、すべてが明らかになると噂される。
同社は、ショーのキーワードを「SHIFT_(シフト)」と定め、「すべての日産車にPIVO2とGT-Rの情熱と革新が込められている」とアピールしている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:NISMO/無限編)【試乗記】 2017.9.30 試乗記 日本メーカーのモータースポーツ活動を担う、NISMO/無限/TRD/STIが開発したチューニングカーに試乗。まず前編として、NISMOの手になる「GT-R」「ノート」「エクストレイル」と、無限のカスタマイズパーツを装着した「フィット」「ヴェゼル」の走りを報告する。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)... 2017.10.6 試乗記
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記