【スペック】全長×全幅×全高=4420×1810×1665mm/ホイールベース=2635mm/車両重量=1540kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、22.4kgm/4500rpm)/価格=329万7000円(テスト車=同じ)

ジープ・パトリオット リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】

本格派もいいけれど 2007.10.10 試乗記 ジープ・パトリオット リミテッド(4WD/CVT)
……329万7000円

2005年のフランクフルトショーでのお披露目から2年、ジープブランド初のコンパクトSUV「パトリオット」が日本上陸。エントリーモデルの走りを試す。

小さくてもしっかりジープ

「パトリオット」はジープの新しいエントリーモデル。いつもの見慣れたフロントグリルや直線基調のフォルムのおかげで、遠目には兄貴たちに負けない存在感を放っているが、実際は全長4420×全幅1810×全高1665mmとやや控えめなサイズの、自称“コンパクトSUV”なのだ。

サイズだけでいえば、ジープにはさらに小さなラングラーがあるけれど、オフロード四駆の代表選手みたいなクルマじゃあ、なんとも敷居が高い。その点、このパトリオットは、ひとあし先に日本に導入された「ダッジ・キャリバー」と共通のプラットフォームのうえに成り立つだけあって、見た目とは裏腹なライトな性格の持ち主。新規のジープユーザーにはとっつきやすいクルマに仕上がっている。

もちろん、ジープを名乗るからには4WDは不可欠。横置きFFをベースに、リアデフに電子制御カップリング(ECC)を組み込んだ「フリーダムドライブ」を搭載する。
通常は前輪駆動のようにふるまうが、必要に応じてリアにも駆動力を配分する。いわゆるオンデマンド4WDで、スイッチ操作でECCをロックすれば、直結4WD並みの効果を手に入れることもできる。

205mmと高い地上高や前後オーバーハングを切り詰めたデザインなど、SUVとしての基本もクリア。エントリーモデルといえども、しっかりジープしているのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)/フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.1 試乗記 長野県は白馬で「ジープ・レネゲード トレイルホーク」と「フィアット500Xクロスプラス」に試乗。雪道での試乗を通して感じた、同じプラットフォームから生まれた“兄弟車”とは思えない、両モデルの個性の違いをリポートする。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る