第336回:「日産マイクラC+C」試乗
これは今買える“ちょっと古いラテン車”だ!?

2007.10.09 エッセイ

第336回:「日産マイクラC+C」試乗これは今買える“ちょっと古いラテン車”だ!?

もしや意外に掘り出しものかも?

遅ればせながら「マイクラC+C」に乗ってみました! いつものことながら、それほど期待はしてなかったのね。ベースのマーチは出てから5年も経つし、このクラスのハードトップオープンもいまとなってはそれほど珍しくない。
たしかに1.6リッター+4ATで約250万円って価格は、輸入車のライバルと比べると安いけど、「マーチ」ってことを考えると???

だいたい4シーターオープンってことになってるけど、見た目リアシートはやたら狭そうだし、実際、座ってみても狭いだけでなくやたら背もたれが立ってる。おそらく俺が持ってた「プジョー206CC」より狭い。こりゃ事実上の2シーターオープンだぞ、と。
そんな感じで、日産さんとしては「一応こういうものもあるよ!」ってことかなぁ……とか勝手に解釈してました。乗る前はね。

でも乗ってみて予想外! 目からウロコが落ちました。といっても、今の品質基準と照らし合わせてもマジでよくできてる日産デュアリスとは違い、ある種“今買える懐かしのラテン車”ってことでね。
なんつーか、ホントにホント、ちょっと昔のプジョーかルノーに乗ってるような感じがしたのよ。しかもそれでいて日本車レベルの(っていうかホントに日本車ブランド)信頼性を持つ“いいとこどりラテン車”ってことで。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』