トヨタの四角い新型車、「カローラルミオン」デビュー

2007.10.09 自動車ニュース
「トヨタ・カローラルミオン」(写真は「エアロツアラー」バージョン)
トヨタの四角い新型車、「カローラルミオン」デビュー

トヨタの四角い新型車、「カローラルミオン」デビュー

トヨタ自動車は2007年10月9日、新型車「カローラルミオン」を発表。同日に発売した。

水平方向に伸びる各種表示板が、段々に積み重なるインストゥルメントパネル。一番上には「4連メーター」が置かれる。
ステアリングは、チルト&テレスコピックともに調節できる。
水平方向に伸びる各種表示板が、段々に積み重なるインストゥルメントパネル。一番上には「4連メーター」が置かれる。
ステアリングは、チルト&テレスコピックともに調節できる。
ベーシックグレード「1.5X」(FF)のインテリア。リアのフロアはフラットだ。
ベーシックグレード「1.5X」(FF)のインテリア。リアのフロアはフラットだ。

■「bB」の兄貴分、あらわる!?

2007年は新作ラッシュのトヨタ。下期のトップバッター、「カローラルミオン」がデビューした。

見た目は、同社のコンパクトワゴン「bB」を思わせるボクシーなもの。名前に「カローラ」の文字をいただくが、プラットフォームは「カローラアクシオ」ではなく、新世代の「オーリス」のそれを使う。

不思議なポジション(?)のルミオンは、北米では「サイオン」ブランドで扱われるクルマでもある。
基本のコンセプトは「Relax in Style(リラックス イン スタイル)」。シンプルな箱型デザインと、ゆとりある居住空間が持ち味だ。ターゲットとなる年齢層は限定せず、世代を超えて「既存の価値観にとらわれないユーザー」すなわち「新しいカローラファン」を広く取り込みたいとしている。

価格は、FFのみの1.5リッターモデルが168.0から191.0万円まで。上級1.8リッターモデルは、FFが195.0から210.0万円で、4WDが216.0から231.0万円までとなっている。
月間目標販売台数は、3500台だ。

サイドビューも直線が基調だ。いっぽうで「リアフェンダーの膨らみなどにこだわった」とは、トヨタデザイン部の赤嶺修造氏。ディテールが参考になる車種として「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の名が挙げられた。
後席とハッチのウィンドウは、スモーク入りのプライバシーガラスとなる。
トヨタの四角い新型車、「カローラルミオン」デビュー

■3ナンバーのボクシー「カローラ」

「カローラルミオン」の姿は、まるで同社の「bB」や「日産キューブ」のよう。トヨタのデザイン哲学「VIBRANT CLARITY(活き活き明快)」に基づく、上質でスポーティ感あふれる「ハコ」だという。
シンプルな外観のベースモデルとエアロパーツでバンパーなどを飾った「エアロツアラー」、2種類のエクステリアでラインナップする。

全長×全幅×全高=4210×1760×1630mm。第一印象がダブるコンパクトワゴン「bB」に比べて、長さで410mm、幅で70mmと、ひとまわり以上大きいが、高さは逆に5mm低い。
ホイールベースは2600mm。こちらはカローラアクシオと同寸ながら、お互いに異なるプラットフォームを使う。ルミオンのベースは、より幅が広い「オーリス」「ブレイド」「RAV4」らで、ボディはいわゆる3ナンバー枠となる。

邦名カローラルミオンは、北米では、トヨタの若者向けブランド「サイオン」の「xB」となる。2007年2月のシカゴショーでデビューしたサイオンxBは、ひと足お先に今年5月から販売された。

天井の中央には、最近のトヨタ車でブームの(?)イルミネーション。青色LEDを使った半球型の「ドームランプ」が走行中も灯る。
トヨタの四角い新型車、「カローラルミオン」デビュー

■イルミ&オーディオはお約束

「広いカローラ」「デカいbB」たるルミオンは、居住空間が命だ。
絶対的な広さだけでなく、高いベルトラインによる「リラックスできる包まれ感」などもアピールポイント。シートを沈み込ませリラックスポジションとする「bBのマッタリモード」は付かないが、チップアップ可能なリアシートを備えたり、10種類以上の収納スペースを設けるなど、利便性に配慮された。
「1.5X」以外に標準装備される「9スピーカーオーディオ」は、これまた“ミュージックプレーヤー”を謳ったbBとの血脈を思わせるもの。ただし、音響のクオリティでいえばこちらに分があり、低音だけでなく中音域の再現もジマンだという。

1.5リッター「1NFE VVT-i」エンジン。
1.5リッター「1NFE VVT-i」エンジン。
荷室は5名乗車時で310リッターの容量を確保。6:4分割可倒式のリアシートを倒せば、709リッターに拡大する。
荷室は5名乗車時で310リッターの容量を確保。6:4分割可倒式のリアシートを倒せば、709リッターに拡大する。

■選べるエンジンは2種類

パワーユニットは、1.5リッター(110ps/6000rpm、14.3kgm/4400rpm)と1.8リッター(136ps/6000rpm、17.8kgm/4400rpm。4WDモデルは8psと0.9kgmマイナス)の2種類を用意。トランスミッションは、すべてCVTとなる。
全車、「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」の認定を受け、燃費は1.5リッターが「平成22年度燃費基準+20%」、1.8リッターが「平成22年度燃費基準+10%」をそれぞれパスした。
ちなみに、北米を走る「サイオンxB」は、2.4リッターエンジンを搭載し、MTとATの組み合わせだ。

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラットで、リアはFFモデルがトーションビーム式。1.8リッターモデルのみ用意される4WDのリアサスは、ダブルウィッシュボーン式。

安全面では、サイドエアバッグと後席までカバーするカーテンシールドエアバッグを全車標準装備。
コーナリング中に車体を安定させる「VSC(ヴィークルスタビリティコントロール)」は、1.8リッターモデルのみオプションで選ぶことができる。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る