ジャガーC-XFとXF【フランクフルトショー07】

2007.10.07 自動車ニュース

【フランクフルトショー07】ジャガーC-XFとXF

2007年のフランクフルト・モーターショーでワールドデビューとなった「ジャガーXF」。「XJシリーズ」の下に投入される4ドア・モデル、という点から「Sタイプの後継」と紹介されることも多いこのモデル。

しかし、ジャガーは、「これこそジャガー新時代の幕開けを告げるクルマ」と主張する。“新型Sタイプ”ではなく敢えて“XF”なるネーミングを与えたのも、そうした気合いの表れだろう。

そんなXFのプロトタイプに、先刻ロンドン郊外で開催されたプレローンチ・イベントで対面してきた。実際にデリバリーが開始されるのは欧州でも2008年の3月という“超ロングリード”。残念ながらまだテストドライブを行える段階にはなかった。が、そこで実車に触れ、集まった開発のキーマンたちから耳にしたことを交え、概要をお伝えしよう。

エンジンは、207psを発生する2.7リッターのV6ディーゼルから420psの4.2リッター・スーパーチャージャー付きV8ガソリンまで、4種類が用意される。トリム・レベルによって「基本的に変わることはない」というボディの3サイズは、4961×1877×1460mm。これは現行Sクラスのデータと較べると「長さと幅が共に55mmほど大きく、高さは15mmほど高い」という関係。2910mmのホイールベースは同一だ。

“C”の文字がconceptを表していた2007年はじめのデトロイト・モーターショーで公開された「C-XF」と共通のイメージをもつ。一見して「ジャガー車らしく美しいサルーンだな」と感じる。

ただし、C-XFではまるで“チョップドルーフ”のように薄かったグラスエリアは、フル4シーター・サルーンとしての実用性を得るべく、厚みを増した。C-XFと生産型との全高の差は45mm。見た目上、“4ドアクーペ”調の雰囲気が薄れたことは否めない。一方で、後席に乗り込めば「広大とは言えないものの、大人ふたりが長時間のドライブを快適に過ごせる空間は確保されている」のが、生産モデルたるXFのパッケージングだ。

■モダンなジャガー

歴史と伝統を感じさせるインテリアは、ジャガー各車の重要なところ。XFでは革と木目をふんだんに用いるという従来の手法に加え、他車に先駆けてモダンな演出を数多く採り入れた。
ドライバーズ・シートに乗り込むと、フロアコンソール前方にレイアウトされたSTART/STOPのボタンが心臓が鼓動するかごとく赤く点滅している。ついでエンジンに火を入れると、今度はその後方に配された鋳造アロイ製の“ドライブ・セレクター”がせり上がる。同時に、それまで閉じていた空調ベントが開いてスタートの準備が整った事をアピールする。

そうした演出は、機能性を伴わないギミックといえばそれまでだが、これまで目にしたことのないものだけに、なかなか面白い。バイワイヤによるダイヤル式のATセレクターは、これまでコンセプトカーの類では数多く提案されたものの、一般市販モデルで採用されるのは画期的。ダッシュボードからコンソール、そしてドアトリムの随所にアルミ製フィニッシャーを用いた理由は、このモデルが最新のテクノロジーを採用したことを視覚的にアピールするためという。

XJやXKシリーズのアルミ製とは異なり、オーソドックスなスチール製ボディを採用するXF。車重は「XK比でおよそ+100kgレベル」。ただし、サブフレームやサスペンションはXKと同様の構造といい、スーパーチャージャー付きの8気筒ガソリン・エンジンを搭載する「SV8」には2段階の電子制御切り替え式ダンパー「CATS」が標準装備となる。トップグレードの加速能力は、0-100km/hが5.4秒と発表される。このグレードを含みXFは全車で6段ATを採用するが、ステアリング・パドルによるシーケンシャル・モード付きのこのトランスミッションは、「定評あるXK以上に素早いシフトが可能」という。

1960年代の栄光を蘇えさせるべく、生粋のスポーツ・サルーンを狙ったというこのXF。このところのジャガー・サルーンの常識に反したハイデッキ処理を大胆に採り入れた。Cd値0.29というプロポーションの“新世代ジャガー”が走り出すのはもう間もなくだ。

(文=河村康彦)

【スペック】XF 4.2 V8:全長×全幅×全高=4961×1877×1460mm/ホイールベース=2910mm/車重=1749kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(298ps/6000rpm、41.9kgm/4100rpm)
【スペック】XF 4.2 V8:全長×全幅×全高=4961×1877×1460mm/ホイールベース=2910mm/車重=1749kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(298ps/6000rpm、41.9kgm/4100rpm)

ジャガーC-XFとXF【フランクフルトショー07】の画像

ジャガーC-XFとXF【フランクフルトショー07】の画像

ジャガーC-XFとXF【フランクフルトショー07】の画像
関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガー、「XE」「XF」のディーゼルモデルに充実装備の特別仕様車 2016.11.4 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年11月1日、ジャガーの4ドアセダン「XE」と「XF」の特別仕様車「ジェットディーゼルエディション」を設定し、受注を開始した。XEジェットディーゼルエディションは限定100台、XFジェットディーゼルエディションは限定30台の販売となる。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • ジャガーが一部車種・グレードの価格を改定 2016.9.16 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年9月16日、ジャガーの一部車種・グレードについて価格を改定すると発表した。新価格は同年10月1日より適用される。
  • ジャガーXE S(FR/8AT)【ブリーフテスト】 2015.10.5 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」、そのフラッグシップモデル「XE S」に試乗した。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンの実力を探る。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • 新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸 2017.4.24 自動車ニュース アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る