第11回:シャンゼリゼに“ガラスの折り紙” が出現! シトロエンの新ショールームオープン

2007.10.06 エッセイ

第11回:シャンゼリゼに“ガラスの折り紙” が出現!シトロエンの新ショールームオープン

シャンゼリゼ通りに面した「C42」のショールーム。
第11回:シャンゼリゼに“ガラスの折り紙” が出現! シトロエンの新ショールーム「C42」オープン

新ショールーム「C42」オープン

2007年9月29日、パリ・シャンゼリゼ通りにシトロエンの新しいショールームがお目見えした。その名は「C42」。Citroen の“C”と、シャンゼリゼ通り“42番地”にかけたものである。

シトロエンがシャンゼリゼに拠点を構えたのは、80年前の1927年にさかのぼる。その後も改装を重ね、80年代からはチェーン系レストランを併設するなどして、パリ市民や観光客から親しまれてきた。
今回は、2004年から3年もの歳月をかけ大改築の末のオープンである。

ショールーム最大の特徴は「ガラス」。間口12メートル、高さ30メートルという、今日のショールームでは決して広大とはいえない空間に、総面積650平方メートルにおよぶガラスを配置した。
設計を手がけたのは、フランス人建築家マニュエル・ゴートラン氏。およそ50人のコンペ参加者から選ばれた、1961年生まれの新鋭建築家である。

シャンゼリゼという世界の晴れ舞台に作品を展開することは、かなりのプレッシャーがあったに違いない。しかし彼女は、「創始者アンドレ・シトロエンは、建築にも大変造詣が深かった。これは建築家としてすばらしい挑戦になると思った」と笑顔で話す。

シャンゼリゼ通りは、クラシカルな場所でありながら、いつの時代にも新しいチャレンジの気風に溢れていた。したがって、今の時代を象徴すべき姿を目指したという。

ちなみに、シャンゼリゼ通りに並ぶ建物の中で最後に建設されたビルは1975年というから、「C42」は32年ぶりのニューフェイスというわけだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。