“ベンツ”復活せず、新社名は「ダイムラー」へ

2007.10.05 自動車ニュース

“ベンツ

“ベンツ”復活せず、新社名は「ダイムラー」へ

2007年10月4日、クライスラー部門を売却した独ダイムラー・クライスラー社は臨時株主総会を開き、新社名を「ダイムラー」にすることで、株主の承認を得たと発表した。


“ベンツ”復活せず、新社名は「ダイムラー」へ

2007年5月14日に業績が不振として、クライスラー部門を米投資ファンドのサーベラス・キャピタル・マネジメントに売却した同社の社名は、株主に承認されたことで、正式に「ダイムラー」と変更することになった。同社公式サイトなどは、すでに新社名に変更されている。

一部で期待されていた、1998年の合併以前の「ダイムラー・ベンツ」への変更はならなかった。しかしながら、グループ内高級車部門である「メルセデス・カー・グループ」を「メルセデス・ベンツ・カーズ」へ、「ダイムラークライスラー銀行」は「メルセデス・ベンツ銀行」などに改称するなどし、“ベンツ”復活推進派へ配慮されたこともうかがえる。

なお、日本法人であるダイムラー・クライスラー日本(株)には今のところ動きはなく、広報氏から「いずれ改名をすると思いますが、具体的なスケジュールは決まっていません」とのコメントを得た。

(webCG 本諏訪)

(関連記事)
「ダイムラー・“ベンツ”」、クライスラー売却で復活か!?
http://www.webcg.net/WEBCG/news/n0000016824.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。