レクサスから“スポーツ”の提供「IS F」デビュー

2007.10.04 自動車ニュース

レクサスから“スポーツ”の提供「IS F」デビュー

2007年10月4日トヨタ自動車は、レクサスブランドのミディアムセダン「IS」をベースとしたスポーティモデル「IS F」を発表した。

■M3、RS4と勝負

今年初頭のデトロイトショーでワールドプレミアされた「IS F」が、正式に市販モデルとして発表された。5リッターV8と8段ATを組み合わせる。

レクサスにおける「LS600h」「GS450h」などのハイブリッド“h”モデルが、環境対応などへの先進性を象徴するのに対し、“F”モデルは運転する楽しさを提供するプレミアムスポーツモデルという位置づけとされ、Fはクルマを鍛えたホームサーキットである富士スピードウェイの頭文字に由来する。

「IS F」は単なる「IS500」ではない、とトヨタは主張する。特に「瞬感=瞬間に感じられる」を意識し、レスポンスやサウンド、伸び感などの数値に表れない部分を大切にしたという。

大排気量エンジンを搭載するために盛り上がったボンネットフード、左右で縦に並ぶ4本のエグゾーストパイプなど、特徴的なエクステリアで他のISとの違いをアピールする。
423psの5リッターV8エンジンは、ダイレクト感が高められた8段ATを介し、後輪を駆動する。専用のスポーティなサスペンションチューニングと、大型のブレーキが与えられ、高い動力・運動性能を実現したと謳われる。

価格は766.0万円。月の販売目標台数は40台とされる。
なお、ライバルとされる「BMW M3クーペ」(FR、420ps)は996.0万円、「アウディRS4セダン」(4WD、420ps)は990.0万円

■Fマークがスポーティを主張

ディメンションは全長×全幅×全高=4660(+85)×1815(+20)×1415(−15)mm(カッコ内はIS350比)で、ホイールベースは2730mm。
IS350に較べ、大きく張り出したバンパーやフェンダー、盛り上がったボンネットフードなどで違いをアピールする。フロントホイールアーチ後方に配されたエアアウトレット、リアの特徴的な左右4本出しエグゾーストパイプも識別点。

インテリアには、前席にサイドサポートの目立つ本革スポーツシートが与えられる。後席はサポート性を重視した2座シートとされ、乗車定員は4名に変更された。
300km/hを刻む専用メーターの上(Mモード時に出現)や、グリップ力を高めたステアリングホイール、シートのサイド部等に「F」マークが配される。インテリアのカラーデザインテーマである「アクセントブルー」は、ステッチや照明などでたびたび登場する。

■吸排気系を徹底的に

IS F専用となる5リッターV8「2UR-GSE」エンジンは、「LS600h」のエンジンをベースとし、各部をスポーツチューニングしたもの。さらなる高回転化を実現するため、カムシャフトハウジングとシリンダーヘッドを一体化して強度をもたせ、インテークバルブは軽量化(約50g→約30g/本)のためチタン製に変更された。2つの外気吸気口を備えたデュアルインテークシステムの採用や、インテークポート形状の見直し、バルブリフト量の拡大などで、吸入効率を高める一方、エグゾーストパイプは全体に大口径化されることで排ガスの流れもスムーズにされた。
この結果、IS Fの最高出力は423ps/6600rpm、最大トルクは51.5kgm/5200rpmとなった。LS600hは394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm(エンジン単体)である。
サーキット走行時などでの、燃料安定供給を助けるサブタンク構造、エンジンオイルクーラーなども採用された。

また、回転数に応じてエグゾーストサウンド、インテークサウンド、メカニカルサウンドが強調されるサウンドチューニングも施され、聴覚での「走りの楽しさ」を提供する。

■トルコンは1速のみ、ダイレクトな8段ATを採用

スポーツカーでも2ペダル化が進んでいる状況を反映するかのように、IS Fも2ペダルとなるトランスミッションを採用。「LS460」に搭載される8段ATがベースとされるが、レスポンスとダイレクト感を高めるため、大幅に見直された。

シフトポジションをマニュアル変速ができる「Mモード」にすると、2〜8速がロックアップ、つまりトルコンを介さない直結状態になる。変速の伝達効率が上がり、ダイレクト感が向上。さらに変速のスムーズさを優先したLS460用と比較して、スピードを優先させた制御を行うことで、世界最速と謳われる変速レスポンスをも誇る。ISよりもサイズが拡大されたシフトパドルでは、Dレンジでのマニュアル変速(上限ギア段を制限)も可能となる。

サーキットなどでの限界走行時も考慮され、ATフルードの吹き出しを防ぐブリーザーシステムや温度上昇を防ぐATFクーラーも備わる。

■サーキット走行をふまえたVDIM

サスペンションはIS350と同形式である、前ダブルウィッシュボーン/後マルチリンク式を採用。当然、スプリングやダンパー類は、サーキットでも高い走行性能を保つようチューニングされる。サスペンションメンバーの剛性アップ、ステアリングシャフトのジョイント部強化など、細かい対策もなされた。

Fスポーツモードトータルコントロールスイッチを操作することで、トヨタの車両運動統合制御技術「VDIM」とともに、スロットル特性や変速タイミング、操舵フィールまでを3段階にコントロールできる。なお、VDIMはカットオフも可能。

強大なパワーを受け止めるブレーキは、フロント6ポッド/リア2ポッドのキャリパーを装備。360mm/345mmという大径ベンチレーテッドディスクのローター内部には、耐クラック性や冷却性に優れたピラーフィンが配される。
鍛造アルミホイールに履かれるシューズは、前225/40R19、後255/35R19サイズ。 

■5リッターエンジンは燃費8.2km/リッター

モノグレードとなるIS Fは、オプションとしてムーンルーフやクリアランスソナー、マークレビンソンプレミアムサラウンドシステムなどが用意される。
安全・快適装備も充実。エアバッグは前席はもちろん、ニーエアバッグとサイド、カーテンシールドエアバッグを備える。
そのほか、イモビライザー、バックガイドモニター付きHDDナビ、パワーシートなどを標準で装備する。

安全性能とともに高いレベルを求められる環境性能は、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得。燃費対策として、エンジンの直噴や、空力性能の向上、新開発の8段ATによるパワーロスの低減などがあげられるが、そこはスポーツカーゆえに控えめなアピールとなっている。なお、カタログ燃費は8.2km/リッターと記される。

(webCG 本諏訪)

 
レクサスから“スポーツ”の提供「IS F」デビューの画像
 
レクサスから“スポーツ”の提供「IS F」デビューの画像
 
レクサスから“スポーツ”の提供「IS F」デビューの画像
 
レクサスから“スポーツ”の提供「IS F」デビューの画像
 
レクサスから“スポーツ”の提供「IS F」デビューの画像
 
レクサスから“スポーツ”の提供「IS F」デビューの画像
 
レクサスから“スポーツ”の提供「IS F」デビューの画像
 
レクサスから“スポーツ”の提供「IS F」デビューの画像

関連キーワード:
IS Fレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2016.3.25 試乗記 477psの5リッターV8エンジンを搭載するレクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に試乗。サーキットで鍛えられた走行性能は、その一方でごく日常的な走りの場面において、どのような味わいをもたらしてくれるのだろうか。
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.24 試乗記 5リッターV8エンジンを搭載する、レクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に、サーキットと一般道で試乗。開発陣が「これまでの“F”モデルで培ってきた、全ての技術と知見を注ぎ込んだ」と自信を見せる、走りの質を確かめた。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る