【スペック】全長×全幅×全高=5020×2000×1805mm/ホイールベース=2860mm/車重=2020kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(243ps/5500rpm、37.3kgm/3000rpm)/価格=440万円(テスト車=同じ)

フォード・エクスプローラー XLTエコブースト(FF/6AT)【試乗記】

最新の本場モノ 2012.02.26 試乗記 フォード・エクスプローラー XLTエコブースト(FF/6AT)
……440万円

「エクスプローラー」に、ターボ、直噴、可変バルブタイミング機構を組み合わせた次世代エンジン「EcoBoost(エコブースト)」搭載グレードが追加された。フォード最新低燃費モデルの走りを試す。

ついに日本に上陸

「エコブースト」のプレス試乗会場はベイサイドマリーナホテル横浜。初日に行ったときは早く着きすぎちゃったのでプレゼン前にクルマを借り、並木料金所からヨコヨコ(横浜横須賀道路)を通って横須賀方面へ。個体の走行距離は1100km。電動パワステは、先に発売された3.5リッターV6+4WDのモデルよりも電動クサい? 6速で100km/hの回転数は2000rpm未満。フムフム。で、41.5kmを34分19秒で走った。割り算すると、平均速度は73km/hちょい。オンボードコンピューターが表示した区間燃費の額面は100kmあたり8.9リッター、つまりリッター約11.2km。ほほー。なお、エクスプローラーなので、エコブーストでもガソリンはレギュラー。

エコブーストとは、要するにいまの時代にゼヒともなくてはならないガソリン直噴+ターボのエンジン(のテクノロジー)。フォルクスワーゲンでいったらTSI。それのフォード版と思っとけばいいでしょう。

今回、プレゼンを聞いていてちょっとウケたのは、「ディーゼルエンジンより安い」と言っていたこと。ま、常識なんですけど。ディーゼル車よりは安いけれど、エクスプローラー用の2リッター直列4気筒エコブーストエンジンモデルは、自然吸気の3.5リッターV6モデルよりも高い。どれぐらいかというと、本国ではプラス1000ドル払って選ぶオプション装備という扱いになっているそうな。なお、エコブーストエンジンを選ぶと4WDは選べなくなる。4WDではないということは……そうですFF。フロント横置きエンジンで、かつフロント二輪駆動。

ちょっと余談を。現行モデルで日本仕様にラインナップされている「エスケープ」と「クーガ」は、2013年モデルで一緒になる。ハードウェア的には、次期クーガにエスケープが統合されるかたちで。
フツーに考えたら日本仕様のエンジンは4気筒エコブーストになるはず。2012年春アヴェイラブルで、エスケープの場合1.6と2.0があり、どっちでもFFか4WDが選べるようだ。その場合クーガは欧州産だから「95RON」ガソリン、つまり日本ではハイオク指定スペックだけど、エスケープだったらレギュラー? なんてことになるんでしょうか。それとも、名前以外ほぼ同じ兄弟モデルだからどっちかに統一、みたいな? でも、エスケープは右ハンドル仕様、あるのかな? 両モデルともなのかどっちか一方だけなのかは聞かなかったけど、新型は来年中には日本へ導入されるそうです。以上、余談でした。

「XLTエコブースト」の外観は、V6の「XLT」と同じ。リアにある「EcoBoost」のバッジがその違い。
「XLTエコブースト」の外観は、V6の「XLT」と同じ。リアにある「EcoBoost」のバッジがその違い。
現行「フォード・エスケープ」は、2.3リッター直列4気筒エンジン(157ps、20.4kgm)のみで、4段ATが組み合わされる。グレードは装備の違いで「リミテッド」(285万円)と「XLT」(255万円)が用意される。
現行「フォード・エスケープ」は、2.3リッター直列4気筒エンジン(157ps、20.4kgm)のみで、4段ATが組み合わされる。グレードは装備の違いで「リミテッド」(285万円)と「XLT」(255万円)が用意される。
「フォード・クーガ」の日本デビューは2010年10月。直列5気筒の2.5リッターターボエンジン(200ps、32.6kgm)に5段ATが組み合わされる。グレードは装備の違いで「タイタニアム」(378万円)と「トレンド」(339万円)がラインナップされる。
「フォード・クーガ」の日本デビューは2010年10月。直列5気筒の2.5リッターターボエンジン(200ps、32.6kgm)に5段ATが組み合わされる。グレードは装備の違いで「タイタニアム」(378万円)と「トレンド」(339万円)がラインナップされる。
関連記事
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2013.8.18 試乗記 フォードのグローバルプロダクトとして、「フォーカス」に続いて日本上陸を果たした新型「クーガ」。世界中のリソースを投入して開発された新型SUVは、どのようなクルマに仕上がっていたのか?
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【海外試乗記】 2013.5.12 試乗記 フォードのコンパクトSUV「クーガ」がモデルチェンジを受けた。従来型のイメージを引き継いだ新型の走りはいかに? オーストラリアはアデレードからの第一報。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
ホームへ戻る