【スペック】370GT Type SP(5AT):全長×全幅×全高=4655×1820×1390mm/ホイールベース=2850mm/車重=1660kg/駆動方式=FR/3.7リッターV6DOHC24バルブ(333ps/7000rpm、37.0kgm/5200rpm)(テスト車はプレ生産車)

日産スカイラインクーペ(プロトタイプ)【試乗記】

スカイラインクーペの実力 2007.10.03 試乗記 日産スカイラインクーペ(プロトタイプ)

いまやアメリカが主要マーケットとなった日産スカイライン。セダンに続き、新しいクーペもすこしマッチョになった。同社のテストコースで試乗した。

369万6000円から447万3000円

赤いクーペがきれいに四輪をスライドさせてカーブを抜けていく。各コーナーの曲率やアップダウンはもちろん、路面の舗装、凸凹のひとつひとつまで頭に入っているのだろう。
「出ました! 猫にぎり!!」
ドライバーはそうおどけながら、完全にリラックスして、指先でつまんだステアリングホイールを操作している。
「VDC、切ってます?」
車両の挙動安定デバイスのオン/オフを質問して、ちょっと後悔した。
「もちろん、入ってます」
運転者は応えた。顔見知りの気安さからだろう、「となりに乗っているヒトにVDCを意識させるようじゃあ、テストドライバーは務まりませんよ」と笑いながら自慢した。

「日産スカイラインクーペ」のプレス試乗会は、北海道は女満別にある同社のテストコースで行われた。「皆さまに乗っていただくのは、あくまでプロトタイプですから」と、市販前の個体であることが強調される。

新しい3.7リッターV6(333ps、37.0kgm)を搭載したFRクーペの正式発表は、2007年10月2日。5段ATに加え、マニュアルギアボックスの設定が残されたのがうれしい。6スピード。
価格は、ATモデルが369万6000円から447万3000円、MT車が411万6000円から441万円となる。

 
日産スカイラインクーペ(プロトタイプ)【試乗記】の画像
 
日産スカイラインクーペ(プロトタイプ)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 2015ワークスチューニンググループ合同試乗会(NISMO編)【試乗記】 2015.7.28 試乗記 NISMO/無限/STI/TRDという自動車メーカー直系の4ブランドが、箱根で合同試乗会を開催。モータースポーツ活動で培ってきた各社の経験は、市販モデルの性能向上にどう生かされているのか? 今回はNISMOの3車種をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る