コンパクトBMW「1シリーズ」にオープンモデルが追加

2007.10.02 自動車ニュース

コンパクトBMW「1シリーズ」にオープンモデルが追加

コンパクトBMW「1シリーズ」にオープンモデルが追加

独BMWは、ラインナップ中もっともコンパクトな「1シリーズ」にオープンバージョンの「カブリオレ」を追加。2007年10月1日に発表した。


コンパクトBMW「1シリーズ」にオープンモデルが追加の画像

コンパクトBMW「1シリーズ」にオープンモデルが追加の画像

■一番小さなカブリオレ

「BMW1シリーズ」のカブリオレは、5ドア、3ドア、トランクつきのクーペに続く、シリーズ4番目のモデル。同社にとって「初のコンパクトなプレミアム・カブリオレ」(リリース)だ。
定員は4名。電動式ソフトトップを備え、22秒以下の開閉時間でオープンエアモータリングが可能になる。

比較的低いショルダーラインを特徴とし、「乗員にいっそうの開放感を提供できる」という。
ボディのスリーサイズは、全長×全幅×全高=4360×1748×1411mmで、ホイールベースは2660mm。兄貴分「3シリーズ・カブリオレ」の4590×1780×1385mm(ホイールベース=2760mm)と較べて、短さが際立つ。
なお、車重は、同等のエンジンで較べた場合、145kgの差となっている(1シリーズ=1675kg/3シリーズ=1820kg)。

荷室は、ルーフを閉じた状態で280リッター、オープン時(=トップ収納時)で240リッターの容量を確保。さらに、荷室と後席をつなげば、ゴルフバッグ2個あるいはスノーボード2枚を積むことができる。


コンパクトBMW「1シリーズ」にオープンモデルが追加の画像

コンパクトBMW「1シリーズ」にオープンモデルが追加の画像

■ガソリンモデルは充実

まずは、ガソリン4種類に、ディーゼルが1種類。計5つの直噴ユニットでローンチされる。
3リッター直6ツインターボエンジン(306ps/5800rpm、40.8kgm/1300〜5000rpm、)を搭載する「135iカブリオレ」を頂点に、3リッター直6の「125iカブリオレ」(218ps/6100rpm、27.5kgm/2500rpm)、さらに、新開発の2リッター直4リーンバーンエンジンを積む「120iカブリオレ」(170ps/6700rpm、21.4kgm/4250rpm)と「118iカブリオレ」(143ps/6000rpm、19.4kgm/4250rpm)が並ぶ。
ディーゼルは、2リッター直4ターボの「120dカブリオレ」(177ps/4000rpm、35.7kgm/1750〜3000rpm)1車種が用意される。
全車、トランスミッションはMTとパドルシフトつきのATから選べる。

ブレーキにはエネルギー回生システムが備わる。車両が惰性で走行しているときやブレーキをかけているときに電装品用の電力が得られるなど、エコな側面もアピールされる。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る