フォルクスワーゲン・ティグアンにR-Line登場

2012.02.23 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ティグアン」に「R-Line」が登場

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年2月23日、「ティグアン」に新グレード「R-Line」を追加し、販売を開始した。

「ティグアンR-Line」は、エアロパーツなどの外装パーツや専用内装により、スポーティーな雰囲気が高められたドレスアップモデルだ。エンジンは、既存の「スポーツ&スタイル」と同じ2リッター直噴ターボ(179ps、28.6kgm)を搭載する。

エクステリアには、専用の大型フロントバンパー、「R-Line」ロゴ入りエンブレム、ボディー同色のサイドスカート、大型リアバンパー、リアスポイラーなどが装備される。タイヤは「スポーツ&スタイル」が235/55R17サイズであるのに対し、「R-Line」では255/40R19に変更され、これを専用のフェンダーアーチが包み込む。そのため、全幅は55mm広い、1865mmとなる。

専用のファブリックシートや3本スポークマルチファンクションステアリングホイール、アルミ調ペダルクラスターも見どころ。このほかスポーツサスペンション、バイキセノンヘッドライト、ドライバーの疲労を検知して休憩を促す「ドライバー疲労検知システム」、4WDシステム「4MOTION」なども標準で装備される。

価格は、「スポーツ&スタイル」の389万円に対し、「R-Line」は426万円となる。

(webCG 曽宮)


フォルクスワーゲン・ティグアンにR-Line登場の画像

フォルクスワーゲン・ティグアンにR-Line登場の画像

フォルクスワーゲン・ティグアンにR-Line登場の画像
「ティグアンR-Line」の10・15モード燃費は11.6km/リッターで、「SPORT&STYLE」と同値。
「ティグアンR-Line」の10・15モード燃費は11.6km/リッターで、「SPORT&STYLE」と同値。

関連キーワード:
ティグアンフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る