ハードトップの「ロードスター」に、ハード充実の特別仕様車

2007.10.02 自動車ニュース

ハードトップの「ロードスター」に、ハード充実の特別仕様車

マツダは、オープンスポーツカー「ロードスター」に、本革シートやBBS社製アルミホイールなどを装備した特別仕様車「Prestige Edition(プレステージエディション)」を設定。2007年10月1日に発売した。

今回の特別仕様車「プレステージエディション」は、電動リトラクタブルハードトップを備える「RS RHT(6MT)」と「VS RHT(6AT)」をベースに、装備を充実させたもの。
「シートヒーターつき本革バケットシート」「BBS社製鍛造アルミホイール(17インチ)」「ステンレス製スカッフプレート」などの専用装備で、内外装をドレスアップした。さらに、ATモデルには、フロントサスペンション部のタワーバーやDSC(横滑り防止システム)も加えた。

価格はそれぞれベースモデルより25.0万円アップし、MTが295.0万円、ATが305.0万円となっている。

(webCG 関)

マツダ・ロードスター「プレステージエディション」
マツダ・ロードスター「プレステージエディション」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る