GSR(5MT):全長×全幅×全高=4495×1810×1480mm/ホイールベース=2650mm/車重=1520kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(280ps/6500rpm、43.0kgm/3500rpm)/価格=349万5450円(テスト車=391万5450円/ハイパフォーマンスパッケージ/BBSアルミホイール)(テスト車はプレ生産車)

三菱ランサーエボリューションX GSR(4WD/5MT)/GSR(4WD/2ペダル6MT)【試乗速報】

ハイパフォーマンス&ハイコストパフォーマンス! 2007.10.02 試乗記 三菱ランサーエボリューションX GSR(4WD/5MT)/GSR(4WD/2ペダル6MT)
……391万5450円/375万600円

「三菱ギャラン・フォルティス」に続いて、派生モデルの枠を大きくはみ出した「ランサーエボリューションX」がついに発表された。北海道は十勝からの報告。

10代目の重要ポイント

「三菱ランサーエボリューションX」に乗った。北海道は十勝にある、同社の研究所内テストコースにて。

いきなりだが、ランエボXのドライブフィールは、総じて落ちついている。挙動は自然で穏やか。ことにしなやかな足まわりが印象に残った。コース中、速度ののったカーブでリアがフルバンプする箇所があるのだが、乗ったグレードにかかわらず、素直にサスペンションが動いて不安感なくショックを吸収してくれる。さすがに1992年以来、代を重ねて磨き続けたハイパフォーマンスモデルだけのことはある。

10代目となったランエボXは、ベースモデルの代替わりにともない、やや大きく、重くなった。ドライブフィールが−−月並みな言葉でいうと−−「大人になった」と感じたのは、100kgほど増した車重が利いているのだろう。

新しいランサーエボリューションの眼目は、以下の通り。

・エンジンは、鋳鉄ブロックの「4G63」がついに捨てられ、2リッターのアルミ「4B11」ユニットが採用された。もちろんターボ。
・4輪のトルクコントロールがよりきめこまかくなった。
・オートマのランエボというべきツインクラッチモデルが加わった。

そしてなにより重要なのは、驚異的なコスト・パフォーマンスが維持されたことである。

一般向けのランエボたる「GSR」は、
・5MT=349万5450円
・2ペダルMT「TC-SST」=375万600円
競技車両のベース「RS」は、
・5MT=299万7750円

2007年10月1日、ランサーエボリューションXが発表・発売された。ただし、国内でのメイングレードと予想されるツインクラッチSST版は、2007年11月下旬から販売が開始される。


三菱ランサーエボリューションX GSR(4WD/5MT)/GSR(4WD/2ペダル6MT)【試乗速報】の画像
【スペック】GSR(2ペダル6MT):全長×全幅×全高=4495×1810×1480mm/ホイールベース=2650mm/車重=1540kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(280ps/6500rpm、43.0kgm/3500rpm)/価格=375万600円(テスト車=同じ)(テスト車はプレ生産車)
【スペック】GSR(2ペダル6MT):全長×全幅×全高=4495×1810×1480mm/ホイールベース=2650mm/車重=1540kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(280ps/6500rpm、43.0kgm/3500rpm)/価格=375万600円(テスト車=同じ)(テスト車はプレ生産車)
今回の試乗会では用意されなかったが、GSRのほかに、競技車両のベースとなるRSがラインナップする。5MTのみ。軽量化のため、ACD(アクティブ・センター・デファレンシャル)は装備するが、「S-AWC」は採らない。RSの車重1420kg。奇しくも先代GSRと同じだ。(写真=三菱自動車工業)
今回の試乗会では用意されなかったが、GSRのほかに、競技車両のベースとなるRSがラインナップする。5MTのみ。軽量化のため、ACD(アクティブ・センター・デファレンシャル)は装備するが、「S-AWC」は採らない。RSの車重1420kg。奇しくも先代GSRと同じだ。(写真=三菱自動車工業)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーエボリューションの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ランサーエボリューション ファイナルエディション(4WD/5MT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 10代、23年間にわたって進化を続けてきた「三菱ランサーエボリューション」にいよいよ終止符が打たれる。「ランエボX GSR」をベースにした最終進化形「ファイナルエディション」に、雨の富士スピードウェイ・ショートサーキットで試乗した。
  • 三菱ランサーエボリューションワゴンGT-A(4WD/5AT)【試乗記】 2005.11.21 試乗記 三菱ランサーエボリューションワゴンGT-A(4WD/5AT)
    ……353万8500円

    「ランエボ」といえば過激なスポーツセダンの代名詞だったが、9代目にして初めてワゴンモデルが登場した。5段ATを備える「ランサーエボリューションワゴンGT-A」に試乗した。


  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産が「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ 2016.12.22 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ。フロントまわりを中心に外観デザインを変更したほか、「ハイウェイスター」にはグラデーションカラーのシートが目を引く「プレミアムグラデーションインテリア」をオプション設定した。
ホームへ戻る