手を近づけるだけで反応、フェラーリ純正のマルチメディアシステム

2007.09.28 自動車ニュース

手を近づけるだけで反応、フェラーリ純正のマルチメディアシステム

フェラーリの日本総代理店であるコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは2007年9月27日、フェラーリ社とBOSE社が共同開発した、車載用ヘッドユニットを搭載した「フェラーリ612スカリエッティ エンハンスト」を発売した。

同車に備わるヘッドユニット「インフォテレマティックシステム」は、2007年3月にジュネーブショーで披露されたもの。BOSE社としては初となる、自動車用のカーナビ込みヘッドユニットである。
システムは、オーディオ、テレビ、カーナビを統合コントロールするユニットのほか、11のスピーカーで5.1chサラウンドシステムを構成する。

「多機能化すればするほど、操作が煩雑になる」という課題を解決するため、採り入れられた新機軸が「プロキシミティセンサー」。これは操作ノブに手を近づけることで、次の行動を予測し、画面が切り替わるというもの。
ランダムで再生される音楽は、ユーザーの好みを学習することで、好きな楽曲が優先的にセレクトされるという。

同日発表された「フェラーリ612スカリエッティ エンハンスト」は、インフォテレマティックシステムを備えるうえ、ポルトローナ・フラウ製のナチュラルレザーをインテリアに用い、外装色にも10色の復刻カラーが用意される。
価格は3297.0万円で、デリバリーは2007年12月末から開始される予定。

(webCG 本諏訪)


手を近づけるだけで反応、フェラーリ純正のマルチメディアシステム

手を近づけるだけで反応、フェラーリ純正のマルチメディアシステム

手を近づけるだけで反応、フェラーリ純正のマルチメディアシステム

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

612スカリエッティの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
ホームへ戻る