手を近づけるだけで反応、フェラーリ純正のマルチメディアシステム

2007.09.28 自動車ニュース

手を近づけるだけで反応、フェラーリ純正のマルチメディアシステム

フェラーリの日本総代理店であるコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは2007年9月27日、フェラーリ社とBOSE社が共同開発した、車載用ヘッドユニットを搭載した「フェラーリ612スカリエッティ エンハンスト」を発売した。

同車に備わるヘッドユニット「インフォテレマティックシステム」は、2007年3月にジュネーブショーで披露されたもの。BOSE社としては初となる、自動車用のカーナビ込みヘッドユニットである。
システムは、オーディオ、テレビ、カーナビを統合コントロールするユニットのほか、11のスピーカーで5.1chサラウンドシステムを構成する。

「多機能化すればするほど、操作が煩雑になる」という課題を解決するため、採り入れられた新機軸が「プロキシミティセンサー」。これは操作ノブに手を近づけることで、次の行動を予測し、画面が切り替わるというもの。
ランダムで再生される音楽は、ユーザーの好みを学習することで、好きな楽曲が優先的にセレクトされるという。

同日発表された「フェラーリ612スカリエッティ エンハンスト」は、インフォテレマティックシステムを備えるうえ、ポルトローナ・フラウ製のナチュラルレザーをインテリアに用い、外装色にも10色の復刻カラーが用意される。
価格は3297.0万円で、デリバリーは2007年12月末から開始される予定。

(webCG 本諏訪)

 
手を近づけるだけで反応、フェラーリ純正のマルチメディアシステムの画像
 
手を近づけるだけで反応、フェラーリ純正のマルチメディアシステムの画像
 
手を近づけるだけで反応、フェラーリ純正のマルチメディアシステムの画像

関連キーワード:
612スカリエッティフェラーリカーナビ/オーディオ/パーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • 谷口信輝の新車試乗――フェラーリ812スーパーファスト(前編) 2018.6.14 mobileCG 最高出力800psを誇る“跳ね馬”「812スーパーファスト」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。「史上最強・最速のロードゴーイング・フェラーリ」とうたわれるスーパースポーツの印象を報告する。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る