【スペック】全長×全幅×全高=4620×1805×1425mm/ホイールベース=2760mm/車重=1630kg/駆動方式=FR/4リッターV8DOHC32バルブ(420ps/8300rpm、40.8kgm/3900rpm)/価格=996万円(テスト車=1081万3000円/M Driveパッケージ=45万円/ブラックレザーカーボン・ストラクチャー・トリム=9万1000円/BMW Individual ハイエンドオーディオシステム=26万円/サンプロテクションガラス=5万2000円)

BMW M3クーペ(FR/6MT)【試乗記】

スポーティ&ラクシャリー 2007.09.28 試乗記 BMW M3クーペ(FR/6MT)
……1081万3000円

伝統の直列6気筒エンジンに別れを告げ、新開発4リッターV8エンジンを積んだニュー「M3」。進化の過程で失ったものとは?

軌道修正

BMWの中でも「M3」はモータースポーツで活躍する金看板だ。外観こそクーペではあっても、中身は純粋なスポーツカーをさえ凌ぐ。そんな硬派であってほしい期待やイメージに反し、今度のE92M3は洗練された高性能クーペとして、ラクシャリー路線に軌道修正を図りつつあるように見える。

E46旧M3とは一見して違うと判るものの、大きくはみ出したフェンダーは樹脂、パワーバルジで誇張されたボンネットはアルミ、ルーフはカーボン、と軽量化されていることは一目瞭然。それでも重量はまだ1630kgもある。そして前235/40ZR18、後265/40ZR18の極太タイヤからは、タダモノではない迫力も伝わってくる。
全長×全幅×全高=4620×1805×1425mmのスリーサイズは大きめだし、2760mmとホイールベースも長い。回転半径=5.9mはいかにも大きいが、FRといえどもタイヤ切れ角で決まるから処置なしだ。

 
BMW M3クーペ(FR/6MT)【試乗記】の画像
 
BMW M3クーペ(FR/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M3クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
ホームへ戻る