第334回:コージのフランクフルト雑記
密かにびっくりカーいっぱい出てました〜

2007.09.27 エッセイ

第334回:コージのフランクフルト雑記密かにびっくりカーいっぱい出てました〜

ウラミツラミのショー

最近バタバタしてて全然更新できなくてスイマセン。新ネタはいっぱい溜まってるんで続々“勢いまかせ”で!
ってなわけで、先日まで行ってたフランクフルトショー報告をまずひとつ。

さて、今年のドイツメーカーがハイブリッドカーの嵐だったことを知ってる人も多いはず。メルセデスベンツのブルーテック・ハイブリッドや、BMWのほぼアイドリングストップだけのマイクロハイブリッドと、「コンセプトX6」に搭載されていた本気のアクティブハイブリッド。さらに「ポルシェ・カイエン・ハイブリッド」に加えて、オペルの何でもありエココンセプトの「フレクトリーム」などなど、そのほとんどは日本車のウラをかくようなディーゼル・ハイブリッドばかり。

わがドイツのK師匠によれば「あれはリベンジだよ、ドイツメーカーのリベンジ!」だそう。前回2005年のフランクフルトショーでトヨタやホンダなど日本メーカーが続々ハイブリッドを出して、ドイツの環境団体に大ウケだったことへのウラミツラミをぶつけてきたというわけだ。うーん、結構そんなセコい感情で動いてるのね。自動車メーカーって。

そのほか今回、フランスのPSAグループまで「プジョー308」&「シトロエンC4」でハイブリッドHDiなるものも出してたし、おそらくそのリベンジマインドは全ヨーロッパ的なんでしょう。


第334回:コージのフランクフルト雑記密かにびっくりカーいっぱい出てました〜
「BMWコンセプトX6」
第334回:コージのフランクフルト雑記密かにびっくりカーいっぱい出てました〜
「プジョー 308HDi」
第334回:コージのフランクフルト雑記密かにびっくりカーいっぱい出てました〜

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』