新型「日産GT-R」、内容が次第に明らかに

2007.09.27 自動車ニュース

新型「日産GT-R」、内容が次第に明らかに

日産自動車は、年内の発売が予定されているハイパフォーマンスカー「GT-R」について、オフィシャルサイトを立ち上げるなど、情報の開示を始めた。

2007年10月24日、東京モーターショーのプレスデーにおいてデビューが予定される次期型「スカイラインGT-R」。名称は、同車のグローバル展開を視野に入れ、従来のスカイライン名を取り除いた「日産GT-R」に決定した。

9月26日からは、GT-R専用ウェブサイト(http://www.gtrnissan.com)を6カ国語で立ち上げ、同日より先行予約の受け付けを開始した。価格は700万円台後半から。
さらに、今年12月の発売開始時には「日産ハイパフォーマンスセンター」を日本全国160か所に設置し、サービス体制を充実させるとのことだ。

(webCG 関)

公開された「GT-R」のオフィシャルフォト。
なんと、「目隠し」が……
公開された「GT-R」のオフィシャルフォト。
	なんと、「目隠し」が……
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.8.22 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のトップグレード「ターボS E-ハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドシステムは燃費性能のみならず、サルーンとしての快適性やポルシェ車としてのスポーツ性能も大きく進化させていた。カナダ・バンクーバー島からのリポート。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ【海外試乗記】 2017.8.12 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」から派生したワゴンタイプの新型車「パナメーラ スポーツツーリスモ」にカナダで試乗。既存のパナメーラとの違いを含め、その走りや使い勝手を報告する。
ホームへ戻る