【スペック】全長×全幅×全高=4950×1970×1880mm/ホイールベース=2850mm/車重=2460kg/駆動方式=4WD/4.7リッターV8DOHC32バルブ(288ps/5400rpm、45.7kgm/3400rpm)/価格=470万円(テスト車=472万2050円/寒冷地仕様=2万2050円)(K)

トヨタ・ランドクルーザー AX(4WD/5AT)【試乗速報】

大名旅行にもってこい 2007.09.27 試乗記 トヨタ・ランドクルーザー AX(4WD/5AT)
……472万2050円



本格クロスカントリー「トヨタ・ランドクルーザー」がフルモデルチェンジ。新機能を備え、オン・オフ両方での走破性を高めたという新型に試乗した。

数字の変化に見合う変貌

「ランクル」の愛称でお馴染みの「ランドクルーザー」が、200系と呼ばれる新型に生まれ変わった。
ランドクルーザーの歩みは、トヨタの自動車生産の歴史そのもの。ランクルの原型となる「トヨタジープBJ型」は1950年、朝鮮戦争勃発のおりに特需用として開発されたものである。このクルマが1954年に「ランドクルーザー」を名乗って以来、発売されるモデルはトヨタの命名基準によって、20、30……、という具合に2桁台の数字がモデルチェンジの度に積み上げられており、順番からいえば現行モデルは今度は130とか140の番号がつくはず。しかし途中で派生車種の「プラド」などが入り込んだ結果、血筋が乱れてしまい、その系統を正すためか一挙に、100系から200系と名称を変更した。
はたして新型ランクルは、その数字の変化に見合う変貌を遂げていた。

4.7リッターV8エンジン、5mに迫る全長、フルタイム4WD、3列シート、各種電子制御デバイス……等々、スペック上も内容も、今流行りの高級SUVそのものである。トヨタという量産ブランドゆえ、量産化による低価格で提供される。価格面では超ド級SUVとは競合しない。とはいえ今や470〜540万円、国産車も高価になった。

こうなるともはや泥で汚すのはもったいないとも思わせる。形だけで威圧する使い方だってあるわけで、そんな人達のためのオンロード性能はまったく快適。静粛にして快速、高い視点からは見下す気分さえ味わえる。燃費も10・15モードで6.6km/リッターと、それなりの国交省審査値が発表されている。

(A)
(A)
(A)
(A)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る