第233回:メーターのデザイン「保守反動化傾向」に渇―ッ!

2012.02.24 エッセイ

第233回:メーターのデザイン「保守反動化傾向」に渇―ッ!

メーターの数が高級車の証

バイオリニスト葉加瀬太郎氏がまだクライズラー&カンパニー(KRYZLER & KOMPANY)のメンバーとしてバンド活動していた頃、コンサートの合間ネタに「宇宙戦艦ヤマト」というのがあった。要は、同アニメにおける登場人物のセリフだけでなく擬音まで忠実に口で再現しながら、波動砲発射までを演じるというものであった。

葉加瀬氏は1968年生まれ。同世代ゆえ、ボク同様「ヤマト」に熱中したのは想像に難くない。そのヤマトのビジュアル的魅力のひとつに「操舵(そうだ)室」があった。巨大なディスプレイが頭上に広がる下、さまざまな電子計器が並び、宇宙の中で光を発していた。そのハイテク感にしびれ、夢見た少年は少なくないはずである。

多くの男子は、計器類を好む。ということで、今回はメーターのお話である。クルマの世界には長年、「高級車ほどメーター類が多い」という、いわば法則があった。それは戦前の高級車を見れば明らかで、高度計まで備えたモデルも数々あった。1960〜70年代にも、メーターに関するちょっとしたお約束といえるものがあった。

デラックス仕様は、速度計、回転計、そして燃料計やオドメーターを包括したコンビネーションメーターなどが並んでいたのに対して、スタンダード仕様は、回転計がなく、かわりに巨大な時計が収まっていたり、黒いフタがはまっていたものだ。
ちなみにフタはカメラのレンズキャップ以上に貧弱で、車名や意味不明の星型マークが刻まれていた。「ほーら、高いグレードを買わないから、こういうことになるんだよ」と無言の仕打ちをしている感じだった。

つまりメーターの数を見れば、そのクルマのグレードがわかったのである。特にスポーツカーは、コンビネーションメーターのひとつひとつを独立させたり、油圧計や時計を加えたりして、ずらりと並んでいるメーターが高性能の証しだった。

「ベルトーネ・ランチア・ストラトスHFゼロ」(1970年)の計器類。42年前の作品とは思えない未来感覚を見よ。
「ベルトーネ・ランチア・ストラトスHFゼロ」(1970年)の計器類。42年前の作品とは思えない未来感覚を見よ。
「イタルデザイン・カプスラ」(1982年)。メーターをステアリングコラムの中に包括してしまう画期的アイデア。
「イタルデザイン・カプスラ」(1982年)。メーターをステアリングコラムの中に包括してしまう画期的アイデア。
「ベルトーネ・ランボルギーニ・アトン」(1980年)。
「ベルトーネ・ランボルギーニ・アトン」(1980年)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。