3列シートの新型ワゴン「トヨタ・マークX ジオ」デビュー

2007.09.26 自動車ニュース

3列シートの新型ワゴン「マークX ジオ」デビュー

3列シートの新型ワゴン「トヨタ・マークX ジオ」デビュー

トヨタ自動車は、2007年9月26日、新型のミドルクラスワゴン「マークX ZiO(ジオ)」を発表。同日に発売した。

3列シートの新型ワゴン「トヨタ・マークX ジオ」デビュー

■コンセプトカーを商品化

「積載性に優れるワゴン型ボディ」に「ゆったり乗れる独立4座」を置き、その後ろの荷室には「いざという時の3列シート」を忍ばせる……そんなパッケージングをもつ「マークX ジオ」がデビューした。
セダンとミニバンのイイトコ取りをしたクロスオーバーモデル、といえる。

同社のミドルクラスセダン「マークX」の名を冠するものの、FRのあちらに対し、こちらはFF。生い立ちとしては、まったくの別物である。

特徴的なコンセプトやデザインは、いまから2年前、2005年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカー「トヨタFSC」そのものだ。当時の高評価に応え「いつか必ず商品化したい」という強い要望が、2年越しでかなえられたのだという。

ラインナップするのは、2.4リッター直4と3.5リッターV6の2グレード。前者はFFと4WDが選べ、価格は、256.0万円(FF)から299.0万円(4WD)まで。後者の3.5リッターモデルはFFのみが用意され、333.0万円である。月間目標販売台数は、4000台となっている。


3列シートの新型ワゴン「トヨタ・マークX ジオ」デビューの画像
250Gと350Gの後席は、独立型のキャプテンシート。240および240Fではベンチシートとなる。
250Gと350Gの後席は、独立型のキャプテンシート。240および240Fではベンチシートとなる。
4本スポークステアリングは、ベーシックグレードの「240」以外、革巻き。
4本スポークステアリングは、ベーシックグレードの「240」以外、革巻き。

■ユニークにして欲張りな……

「マークX」と同じミドルエイジ層をターゲットとする「マークX ジオ」。「マークX」の車名は、「洗練」「上質」「走りのよさ」といった同車がもつブランドイメージを共有するものとして与えられた。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4695×1785×1550mmで、ホイールベース=2780mm。ライバルと目されるホンダの低床ミニバン「オデッセイ」と比べた場合、わずかに小さい(75mm短く、15mm細く、高さは同じ。ホイールベースは50mm短い)。

2780mmとカムリ並みのホイールベースをもつが、「ジオ」がプラットフォームを共有するのは、FFのハッチバックモデル「オーリス」や「ブレイド」などである。
メインキャビンの座席数を4つに割り切り(5座モデルもあり)、「大人のための上質な空間」をアピール。ワゴンなみの広い荷室を確保した。荷室フロアには、トヨタが「フォー・プラス・フリー(=4座+自由な使い方)」と呼ぶように、2つのエクストラシートを隠しもつ。
「わがままな大人のための、欲張りなパッケージング」(?)を実現している。

セダンと3列シートミニバンをクロスオーバーさせるエクステリアデザインは、低く、前後に伸びやか。「かつてどちらのジャンルにもなかった新次元の造形美」(リリース)と謳われる。
独立4座のインテリアは、左右非対称のインストゥルメントパネルが特徴。助手席のドアトリムから大きく回りこんだ稜線が、運転席でメーターフードを形づくる。内側の計器類は「クリスタルシャイン・オプティトロンメーター」とし、天井には「ブレイド」でおなじみの大型白色イルミネーションを与える(240G/350G)など、灯りの使い方にもこだわった。

350Gは、ヴァンガードやブレイドと同じ、「2GR-FE型」3.5リッターV6エンジンを搭載する。
3列シートの新型ワゴン「トヨタ・マークX ジオ」デビュー

■ブレイドと同じ、2.4&3.5

エンジンは、「2AZ-FE型」の2.4リッター直4(163ps/6000rpm、22.6kgm/4000rpm)と、、「2GR-FE型」の3.5リッターV6(280ps/6200rpm、35.1kgm/4700rpm)の2本。前者はCVT、後者は6ATのトランスミッションが組み合わされる。
駆動方式は、2.4リッターモデルがFFと4WDが選べ、3.5リッターモデルはFFのみとなる。

足まわりは、フロントがマクファーソンストラット式で、リアはダブルウィッシュボーン式。ブレイド同様の構成となっている。なお、350Gには3.5リッターエンジンに見合った独自のセッティングが施される。

「240G」のリアビュー。テールランプはLEDの9灯式で、上級グレード「350G」ではマフラーが左右2本出しとなる。
「240G」のリアビュー。テールランプはLEDの9灯式で、上級グレード「350G」ではマフラーが左右2本出しとなる。
3列シートの新型ワゴン「トヨタ・マークX ジオ」デビューの画像

■基本装備は充実

安全面では、電動パワステ、ブレーキ、駆動力を協調制御し車両を安定させる「S-VSC」を全車に標準装備。
エアバッグは、運転席&助手席はもちろん、フロントからサードシートまで展開するカーテンシールドエアバッグも全車標準となる。

装備面では、坂道発進でのズリ下がりを防止する「ヒルスタートアシストコントロール」を、駆動方式に関わらず全車に与えた。
キーを携帯するだけでドアの開錠施錠やエンジンスタートが可能になる「スマートエントリー&スタートシステム」や盗難防止の「イモビライザー」も同様に標準。さらに、ユーザーが車両に接近するだけで室内照明を点灯させて夜間の乗降をサポートするなど、大人を満足させる演出は抜かりなし、である。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マークXジオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る