「ルノー・メガーヌ・グラスルーフカブリオレ」外観を一新、グラスルーフも改良

2007.09.26 自動車ニュース

「ルノー・メガーヌ・グラスルーフカブリオレ」外観を一新、グラスルーフも改良

ルノー・ジャポンは、「ルノー・メガーヌ」のオープンモデル「グラスルーフカブリオレ」の外観の意匠を変更し、2007年9月21日に発売した。

新型は、ヘッドランプ、リアランプ、グリル形状を一新するとともに、フロント/リアバンパーをボディ同色とし、よりダイナミックな印象となった。
インテリアは、メーターパネルのデザイン変更に加え、レザーカラーにトーン・ブラウンを新たに設定。さらに、全自動格納式グラスルーフも改良された。赤外線反射率を78%から84%に向上したサンゴバン社製のガラスを採用。室内の質感と快適性を高めたという。

そのほか、ステアリングに、チューブ・イン・チューブ方式のステアリングシャフトを採用、「ダイレクト感ある自然なフィールを実現した」という。ATのギア比を見直し、高速巡航時のエンジン回転数を低くした。また、後方にある障害物との距離をブザーで知らせる、バックソナーの設定も新しい。

ボディカラーは、新色チール・グレーメタリック、パボ・レッドメタリック、エクストリーム・ブルーメタリックの3色を含む6色を用意。インテリアカラー3色との組み合せは全18バリエーションから選べる。
価格は、従来の388万5000円から395万円になった。

(webCGワタナベ)

「ルノー・メガーヌ・グラスルーフカブリオレ」外観を一新、グラスルーフも改良の画像

関連キーワード:
メガーヌルノーメガーヌ・ハッチバック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る