トヨタF1チーム、お膝元GPを前に抱負を語る【F1 07】

2007.09.26 自動車ニュース

トヨタF1チーム、お膝元GPを前に抱負を語る【F1 07】

【F1 07】トヨタF1チーム、お膝元GPを前に抱負を語る

F1世界選手権第15戦日本GPを目前に控えた2007年9月25日、パナソニック・トヨタ・レーシングの記者会見が都内のホテルで行われた。

【写真上】渋い表情で会見にのぞむ、パナソニック・トヨタ・レーシングの面々。
(写真左から)木下美明TMG副社長、ヤルノ・トゥルーリ、ラルフ・シューマッハー、そして山科忠トヨタ自動車常務役員兼TMG会長。
2009年から日本GPが富士と鈴鹿の交互開催になることについては、「鈴鹿のひとびとのF1に対する貢献は多大であり、東西での開催は好判断だと思う」(山科氏)
【写真下】「おたがいがんばろうぜ!」(?)の、トゥルーリとラルフ。
トヨタF1チーム、お膝元GPを前に抱負を語る【F1 07】

トヨタの今シーズンは、14戦を終えて、ラルフ・シューマッハーとヤルノ・トゥルーリとも6位入賞が最高位。ドライバーズポイントは前者が5ポイントで後者が7ポイント、コンストラクターズポイントでみれば、6位12ポイントとなっている。

会場には、ふたりのドライバーと、TMG(トヨタ・モータースポーツ)のトップ2名が列席。4人とも「今シーズンはこれまで、なかなか結果に結びついていなくて……」と渋い表情で前置きしつつ、それぞれレースに対する意気込みなどを語った。

冒頭、トヨタ自動車常務役員兼TMG会長の山科忠氏は、今シーズンの成績を不甲斐ないとしながらも、目下、来シーズンに活かされるトヨタ流の研究開発を進めているとコメント。たとえば、マシンの信頼性に対する問題箇所などにランク付けをし、チームみんなで解決しているのだという。

木下美明TMG副社長は、日本GPに向けてのマシン調整について言及した。中速コースたる富士では、ダウンフォースと最高速の両方をアップさせることが大事であり、エアロパーツの開発が要になるとのこと。フロントウィングは現在3種類を試しており、本戦では新しいフロアを投入する予定だという。
「これまで、5か月近い時間をかけて準備してきました」「今まで高まったフラストレーションを富士でぶつけたい」
さらに、「今回マシンは2台ともフレッシュエンジンなので、思いっきり走らせたい」と意気込みを語った。

ドライバーにとってもトヨタのお膝元で開催されるGPは特別なようで、トゥルーリは「100%以上の力でこの大事なレースにのぞみたい」。
ラルフは、課題とされるエアロパーツに触れ、「新しいパーツはヘレス(第14戦)でしか試せなかったが、方向性を定めることはできた」「各マシンのレベルは拮抗していると思うので、今週末はいい結果が出せるように努力していきたい」などと抱負を述べた。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。