日本GP開幕直前! ホンダの2チームは気合十分【F1 07】

2007.09.25 自動車ニュース

【F1 07】日本GP開幕直前! ホンダの2チームは気合十分

F1世界選手権第15戦日本GPを目前に控えた2007年9月25日、ホンダ・レーシングF1チームとスーパーアグリF1チームの合同記者会見が都内のホテルで行われた。

■エアロダイナミクスが課題

フルワークス参戦2年目となるホンダF1は、ジェンソン・バトンとルーベンス・バリケロの2人で日本GPにのぞむ。今シーズン第14戦終了時までの戦績は、バトンが8位に2回入賞し、ドライバーズランキング16位。バリケロはノーポイント。コンストラクターズランキングは2点で8位にランクしている。

記者会見にのぞんだ大島裕志モータースポーツ担当執行役員は、「まったく新しい車体設計で意気込んだシーズンだが、結果が出ていない」と無念の表情。しかし、「この経験を活かし、チーム一丸となって2008年のマシン開発にあたっている」し、「(今シーズンの越し方も含め)常にチャレンジングであることそれ自体が、我々にとって最大の使命なのです」と前向きなコメントを残した。

続いて、中本修平ホンダレーシングF1チーム・シニアテクニカルディレクターが、今季のマシン「RA107」の特長と課題について解説。有力チームのマシンに比べて、車体の軽さと重心の低さは褒められるものの、高速域のパワーとブレーキング、とくに空力特性で大きく遅れをとっていると語った。
チームのCEOを務めるニック・フライ氏は、「タイヤがブリヂストンのワンメイクとなったいま、レースの勝敗は8割がたエアロダイナミクスで決まる」と言葉を重ね、ザウバーやマクラーレンからエアロ開発のスペシャリストを引き抜き、来季以降に向けて鋭意開発を進めていると述べた。

マシンのステアリングを握るふたりは、それぞれ「ベストを尽くすのみ」(バトン)、「何とかポイントを上げていきたい。F3時代ゆかりの地で走れることを楽しみにしている」(バリケロ)と短くコメントした。

■アグリは「勢いにのりたい」

記者会見には、ホンダがエンジンを供給する「スーパーアグリF1チーム」の面々も列席。コンストラクターズランキングで本家を上まわる好成績(7位)に、明るい表情を見せた。

参戦2年目の今年を「すばらしいシーズン」と評する佐藤琢磨は、「未経験の富士に良いサプライズを期待しつつ、持てる力を出し切りたい」。チームメイトのアンソニー・デイヴィッドソンも「チームの勢いを、シーズン最後、さらには来シーズンまでつなげたい」と意気込んだ。
それを見守る鈴木亜久里チーム代表は「2人がどんなパフォーマンスを見せてくれるか、自分も楽しみ」「いまは期待と不安でいっぱいです」と目を細めた。

壇上のだれもが、日本GPを目前に気合十分。母国でのレースに、いつも以上の活躍を期待したいところである。

(webCG 関)


日本GP開幕直前! ホンダの2チームは気合十分【F1 07】の画像
会見にのぞむ(写真左から)ホンダレーシングF1チームの中本修平氏、ジェンソン・バトン、そしてルーベンス・バリケロ。
会見にのぞむ(写真左から)ホンダレーシングF1チームの中本修平氏、ジェンソン・バトン、そしてルーベンス・バリケロ。
会場には、地球カラーリングを纏うホンダのマシンが展示された。
なお、2008年には、エンジンに留まらず、ホンダからスーパーアグリに車体も供給できるよう準備を進めているとのことだ。
会場には、地球カラーリングを纏うホンダのマシンが展示された。
なお、2008年には、エンジンに留まらず、ホンダからスーパーアグリに車体も供給できるよう準備を進めているとのことだ。
「スーパーアグリF1チーム」からは佐藤琢磨、アンソニー・デイヴィッドソン、チーム代表の鈴木亜久里氏が列席した。
「スーパーアグリF1チーム」からは佐藤琢磨、アンソニー・デイヴィッドソン、チーム代表の鈴木亜久里氏が列席した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。