第9回:イタリア最新ボディカラー事情−−「イタリアンレッド×、ツヤ消し○」(大矢アキオ)

2007.09.22 エッセイ

第9回:イタリア最新ボディカラー事情−−「イタリアンレッド×、ツヤ消し○」

7割が「銀」!

「イタリアンレッド」のクルマは、実は本場イタリアで不人気色である。
イタリアでは、中古車市場でもレッドが珍重されるのはフェラーリくらいだ。アルファ・ロメオでも、多くの場合は敬遠される。

かわりに人気なのは、シルバーメタリックやブラックである。事実、乗用車外板色の比率では、シルバーが小型車で58%、中型車ではなんと70%を占める。いっぽうレッドは小型車で3%、それ以上のクラスになると、データの数字に上らないくらい少なくなってしまう。ちなみに「ヤリス(日本名:ヴィッツ)」も68%がシルバーである(いずれのデータも、2006年トヨタ・モーター・イタリア資料より)。

筆者の観測によれば、この潮流には契機があった。1997年に政府が新車買い替え奨励金制度を施行したときだ。おかげで当時この国ではちょっとした新車ブームが起きた。人々はイタリア車を捨て、ドイツ車を買い求めた。またたとえイタリア車でも、高級車を連想させるカラーのクルマを購入した。
そのときクルマのシルバー、ブラック化が一気に加速した。だから今日イタリアで、赤いブレラや159を見かけたら、十中八九ドイツやスイスといった外国ナンバーであるといってよい。

トリノのスーパー駐車場にて。シルバーの多いことよ。
第9回:イタリア最新ボディカラー事情−−「イタリアンレッド×、ツヤ消し○」
「ランチア・イプシロンMOMO DESIGN」(2005年)
第9回:イタリア最新ボディカラー事情−−「イタリアンレッド×、ツヤ消し○」
MOMO DESIGNのツヤ消しヘルメット。
第9回:イタリア最新ボディカラー事情−−「イタリアンレッド×、ツヤ消し○」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。