プジョー、新世代コンパクト「208」を出展【ジュネーブショー2012】

2012.02.24 自動車ニュース

【ジュネーブショー2012】プジョー、新世代コンパクト「208」を出展

仏プジョーは、ジュネーブモーターショー(プレスデイ:3月6日〜7日、一般公開:3月8日〜18日)に、「207」の後継モデル「208」を出展すると発表した。

新型「208」シリーズには、通例どおり、3ドアと5ドアの2タイプのハッチバックモデルが設定される。室内空間を拡大しながら、車重が前モデル「207」よりも110kg軽くなる(1.4リッターディーゼル車での新旧比較)のが大きな特徴だ。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3962×1739×1460mm(本国仕様)で、207(4045×1750×1470mm:日本仕様)と比べ、全体的に小さくなる。またオーバーハングも短縮され、207との比較でフロントは6mm、リアは10mm短くなる。ホイールベースは207と変わらない。

一方、後席の膝まわりの空間は50mm拡大しており、トランクルーム容量についても5名乗車時で311リッター(2名乗車時では1152リッター)と、207の270リッターよりも拡大している。

エンジンラインナップは、ガソリンとディーゼルが5タイプずつ。ガソリンエンジンは、1リッター(68ps)と1.2リッター(82ps)の2種類の3気筒NAユニットと、1.4リッター(95ps)と1.6リッター(120ps)の2種類の4気筒NAユニット、それに1.6リッター4気筒ターボ(156ps)が設定される。

またジュネーブショーでは、208をベースとする2台のコンセプトカー「XYコンセプト」と「GTiコンセプト」も出展される予定となっている。

(webCG 曽宮)

「プジョー208」(3ドア)
「プジョー208」(3ドア)
プジョー、新世代コンパクト「208」を出展【ジュネーブショー2012】の画像
「プジョー208」(5ドア)
「プジョー208」(5ドア)
「プジョー208 XYコンセプト」
「プジョー208 XYコンセプト」
「プジョー208 GTiコンセプト」
「プジョー208 GTiコンセプト」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る