【スペック】全長×全幅×全高=4656×1908×1281mm/ホイールベース=2700mm/車重=1825kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8SOHC24バルブスーパーチャージャー付き(626ps/6500rpm、79.5kgm/3250-5000rpm)(欧州仕様)

メルセデス・ベンツSLRマクラーレン・ロードスター(FR/5AT)【海外試乗記】

カリスマ性の素 2007.09.21 試乗記 メルセデス・ベンツSLRマクラーレン・ロードスター(FR/5AT)

メルセデス・ベンツとマクラーレンの共同開発により誕生した「SLRマクラーレン・ロードスター」。いとも簡単にオーバー300km/hの世界を体感できるスーパースポーツに、自動車ジャーナリスト河村康彦が試乗した。

626ps、79.6kgm

メーカー希望小売価格「ナナセンマンエン」……そんな価格からして“スーパーカー”の貫禄タップリというモデルに、ドイツはフランクフルトで乗ってきた。「メルセデス・ベンツSLRマクラーレン・ロードスター」。ネーミングから、このクルマがメルセデス・ベンツと、マクラーレンとのコラボレーションの結果であることは明らかだ。2003年に発売され、これまではクーペ・ボディのみがデリバリーされてきた。こちらオープン・バージョンは、クーペの後継モデルとの位置づけ。もちろんクーペ同様、生産を担当するのはイングランドにあるマクラーレンのF1ファクトリーとなる。

300SLで培ったメルセデス・ベンツの経験とF1技術との融合から生みだされた1950年代のレーシングカー「300SLR」を技術的なルーツとするこのモデル。技術の粋を集め、様々なハイスペックとストーリー性によってライバルを圧倒する必要があるスーパースポーツカーだけに、採用された各種テクノロジーは凝りに凝ったものとなる。

車両の骨格を成すボディは、基本部分にF1マシン同様のカーボン・モノコック製を採用。フロントサスペンションが取り付けられるフレームはアルミ製。その先には前突時のエネルギーを自らが破壊されることで吸収するコーンシェイプのカーボンファイバー製クラッシュBOXが取り付けられる。一般の量産モデルではあり得ない造りのボディ。完全なるフロントミドに搭載されるのは、メカニカルスーパーチャージャー付きのAMG製V8エンジン。5.5リッターという排気量にスクリュータイプのスーパーチャージャーで過給を行った結果、最高出力は626psというとてつもない値。最大トルクも79.6kgmとの強大さ。うち61.2kgm以上はすでに1500rpmで発生され、さらに2000rpmに達すれば71.4kgmをマークするというチューニングには、多くの人が乗ることまでを想定した“現代のスーパーカーらしさ”を感じとれる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLRクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • デトロイトショー2016(その2) 2016.1.15 画像・写真 メルセデスの新型オープン2シーター「SLC」の姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(前編) 2016.10.6 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「ポルシェ718ボクスター」である。フラット4ターボエンジン搭載のミドシップポルシェを谷口はどう評価する?
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
ホームへ戻る