【スペック】全長×全幅×全高=4656×1908×1281mm/ホイールベース=2700mm/車重=1825kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8SOHC24バルブスーパーチャージャー付き(626ps/6500rpm、79.5kgm/3250-5000rpm)(欧州仕様)

メルセデス・ベンツSLRマクラーレン・ロードスター(FR/5AT)【海外試乗記】

カリスマ性の素 2007.09.21 試乗記 メルセデス・ベンツSLRマクラーレン・ロードスター(FR/5AT)

メルセデス・ベンツとマクラーレンの共同開発により誕生した「SLRマクラーレン・ロードスター」。いとも簡単にオーバー300km/hの世界を体感できるスーパースポーツに、自動車ジャーナリスト河村康彦が試乗した。

626ps、79.6kgm

メーカー希望小売価格「ナナセンマンエン」……そんな価格からして“スーパーカー”の貫禄タップリというモデルに、ドイツはフランクフルトで乗ってきた。「メルセデス・ベンツSLRマクラーレン・ロードスター」。ネーミングから、このクルマがメルセデス・ベンツと、マクラーレンとのコラボレーションの結果であることは明らかだ。2003年に発売され、これまではクーペ・ボディのみがデリバリーされてきた。こちらオープン・バージョンは、クーペの後継モデルとの位置づけ。もちろんクーペ同様、生産を担当するのはイングランドにあるマクラーレンのF1ファクトリーとなる。

300SLで培ったメルセデス・ベンツの経験とF1技術との融合から生みだされた1950年代のレーシングカー「300SLR」を技術的なルーツとするこのモデル。技術の粋を集め、様々なハイスペックとストーリー性によってライバルを圧倒する必要があるスーパースポーツカーだけに、採用された各種テクノロジーは凝りに凝ったものとなる。

車両の骨格を成すボディは、基本部分にF1マシン同様のカーボン・モノコック製を採用。フロントサスペンションが取り付けられるフレームはアルミ製。その先には前突時のエネルギーを自らが破壊されることで吸収するコーンシェイプのカーボンファイバー製クラッシュBOXが取り付けられる。一般の量産モデルではあり得ない造りのボディ。完全なるフロントミドに搭載されるのは、メカニカルスーパーチャージャー付きのAMG製V8エンジン。5.5リッターという排気量にスクリュータイプのスーパーチャージャーで過給を行った結果、最高出力は626psというとてつもない値。最大トルクも79.6kgmとの強大さ。うち61.2kgm以上はすでに1500rpmで発生され、さらに2000rpmに達すれば71.4kgmをマークするというチューニングには、多くの人が乗ることまでを想定した“現代のスーパーカーらしさ”を感じとれる。

関連記事
  • デトロイトショー2016(その2) 2016.1.15 画像・写真 メルセデスの新型オープン2シーター「SLC」の姿を写真で紹介する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編) 2017.5.4 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。全長わずか2.8mという小さなボディーがもたらすコンパクトな走りは、谷口の目にどう映ったか?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • メルセデスベンツ CLK320(5AT)【ブリーフテスト】 2002.11.22 試乗記 ……720.0万円
    総合評価……★★★★




ホームへ戻る