新型「日産エクストレイル」が、ひとつきで1万台を受注

2007.09.20 自動車ニュース

新型「日産エクストレイル」が、ひとつきで1万台を受注

新型「日産エクストレイル」が、ひとつきで1万台を受注

日産自動車は2007年9月20日、新型SUV「エクストレイル」の受注台数が、8月22日の発売から1か月で1万台に達したと発表した。

新色「デザートアンバー」のエクストレイル。
新型「日産エクストレイル」が、ひとつきで1万台を受注

売れっ子の初代からバトンを引き継いだ、2代目「エクストレイル」。発売からちょうど1か月で、月間目標販売台数(2000台)の5倍にあたる1万台を受注した。

駆動方式別の内訳は、4WDが9割と圧倒的。グレード別にみると、「ポップアップステアリング」などを備える上級グレード「20X」「25X」が全体の75%以上を占める。

ボディカラーは、「ダイヤモンドブラック」(黒)が34.1%でダントツ。「ダイヤモンドシルバー」(14.5%)、「ブレードシルバー」(13.6%)と銀系が続き、イメージカラーである「バーニングレッド」は4番人気(13.3%)だ。
なお、新色の「デザートアンバー」(黄色)は、2.2%に留まっている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る