新型「日産エクストレイル」が、ひとつきで1万台を受注

2007.09.20 自動車ニュース

新型「日産エクストレイル」が、ひとつきで1万台を受注

新型「日産エクストレイル」が、ひとつきで1万台を受注

日産自動車は2007年9月20日、新型SUV「エクストレイル」の受注台数が、8月22日の発売から1か月で1万台に達したと発表した。

新色「デザートアンバー」のエクストレイル。
新型「日産エクストレイル」が、ひとつきで1万台を受注

売れっ子の初代からバトンを引き継いだ、2代目「エクストレイル」。発売からちょうど1か月で、月間目標販売台数(2000台)の5倍にあたる1万台を受注した。

駆動方式別の内訳は、4WDが9割と圧倒的。グレード別にみると、「ポップアップステアリング」などを備える上級グレード「20X」「25X」が全体の75%以上を占める。

ボディカラーは、「ダイヤモンドブラック」(黒)が34.1%でダントツ。「ダイヤモンドシルバー」(14.5%)、「ブレードシルバー」(13.6%)と銀系が続き、イメージカラーである「バーニングレッド」は4番人気(13.3%)だ。
なお、新色の「デザートアンバー」(黄色)は、2.2%に留まっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
エクストレイル日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記
  • 第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ? 「日産オールラインナップ ... 2017.2.11 エディターから一言