【スペック】240S(7人乗り):全長×全幅×全高=4570×1815×1690mm/ホイールベース=2660mm/車重=1630kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、22.8kgm/4000rpm)/価格=268万8000円(テスト車=302万8200円/HDDナビゲーションシステム+NAVI・AI-SHIFT制御+ステアリングスイッチ+マイク&マイクアンプ+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター&サイドモニター=34万200円)(A)

トヨタ・ヴァンガード240S(4WD/CVT)/350S“Gパッケージ”(4WD/5AT)【試乗速報】

脱「RAV4」 2007.09.20 試乗記 トヨタ・ヴァンガード240S(4WD/CVT)/350S“Gパッケージ”(4WD/5AT)
……302万8200円/378万4200円

「RAV4」をベースとしながら、280psのエンジンや7シートが与えられた「トヨタ・ヴァンガード」。「アクティブ&ラクシャリー」を謳う新型の乗り味とは?

ちょっと立派で高級

試乗会が開かれるホテルの駐車場には、ピッカピカに拭き上げられた「ヴァンガード」十数台が出番を待っていた。そのほとんどがブラックやダークグレーのボディをまとい、クロームメッキのグリルが上品に映える。そういえば、この手の落ち着いた感じのSUVはこれまでトヨタにはなかった。

ヴァンガードは、RAV4と基本コンポーネントを共用するSUVで、ホイールベースを100mm、全長を235mm拡大することでキャビンに3列シートを収めていた(2列シート仕様も用意される)。エクステリアを見るかぎり、RAV4との共通性は感じられない。RAV4の7人乗りバージョンではなく、あくまでRAV4より1クラス上の、ちょっと立派で高級なSUVなのだ。ちなみに、ヴァンガードは国内専用モデルである。

ラインナップは、2.4リッター直4エンジンを搭載する240Sと3.5リッターV6の350Sの2本立てで、それぞれ5人乗りと7人乗りが用意される。駆動方式は全車フルタイム4WDで、トランスミッションは240SにはCVTが、350Sには5段ATが組み合わされる。

(A)
(A)
(A)
(A)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴァンガードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2011.5.9 試乗記 トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)
    ……350万5850円

    ジャパンメイドの北米向けSUV「FJクルーザー」の評判がいい。なにが、そんなにイイのか!? モリケータはその“地盤”に注目した。
  • トヨタFJクルーザー カラーパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2010.12.24 試乗記 トヨタFJクルーザー カラーパッケージ(4WD/5AT)
    ……353万1900円

    北米向けに開発されたトヨタの本格派オフローダー「FJクルーザー」が日本に導入。まずはどんなクルマなのかオンロードで試してみた。
  • トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)【試乗記】 2011.2.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)
    ……336万7850円

    オフロード性能も本格的! 「FJクルーザー」はルックスだけでなく、ヘビーデューティさでもランクルの魂を継承していた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る