【スペック】240S(7人乗り):全長×全幅×全高=4570×1815×1690mm/ホイールベース=2660mm/車重=1630kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、22.8kgm/4000rpm)/価格=268万8000円(テスト車=302万8200円/HDDナビゲーションシステム+NAVI・AI-SHIFT制御+ステアリングスイッチ+マイク&マイクアンプ+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター&サイドモニター=34万200円)(A)

トヨタ・ヴァンガード240S(4WD/CVT)/350S“Gパッケージ”(4WD/5AT)【試乗速報】

脱「RAV4」 2007.09.20 試乗記 トヨタ・ヴァンガード240S(4WD/CVT)/350S“Gパッケージ”(4WD/5AT)
……302万8200円/378万4200円

「RAV4」をベースとしながら、280psのエンジンや7シートが与えられた「トヨタ・ヴァンガード」。「アクティブ&ラクシャリー」を謳う新型の乗り味とは?

ちょっと立派で高級

試乗会が開かれるホテルの駐車場には、ピッカピカに拭き上げられた「ヴァンガード」十数台が出番を待っていた。そのほとんどがブラックやダークグレーのボディをまとい、クロームメッキのグリルが上品に映える。そういえば、この手の落ち着いた感じのSUVはこれまでトヨタにはなかった。

ヴァンガードは、RAV4と基本コンポーネントを共用するSUVで、ホイールベースを100mm、全長を235mm拡大することでキャビンに3列シートを収めていた(2列シート仕様も用意される)。エクステリアを見るかぎり、RAV4との共通性は感じられない。RAV4の7人乗りバージョンではなく、あくまでRAV4より1クラス上の、ちょっと立派で高級なSUVなのだ。ちなみに、ヴァンガードは国内専用モデルである。

ラインナップは、2.4リッター直4エンジンを搭載する240Sと3.5リッターV6の350Sの2本立てで、それぞれ5人乗りと7人乗りが用意される。駆動方式は全車フルタイム4WDで、トランスミッションは240SにはCVTが、350Sには5段ATが組み合わされる。

(A)
(A)
(A)
(A)
関連記事
  • トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2011.5.9 試乗記 トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)
    ……350万5850円

    ジャパンメイドの北米向けSUV「FJクルーザー」の評判がいい。なにが、そんなにイイのか!? モリケータはその“地盤”に注目した。
  • トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)【海外試乗記】 2008.6.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)

    日本ではあまり聞き慣れないトヨタのSUV「FJクルーザー」。1960年代のランドクルーザー「40系」のスタイルを再現した、トヨタが北米向けに生産するモデルだ。自動車ジャーナリスト河村康彦がアメリカで試乗した。
  • トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)【試乗記】 2011.2.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)
    ……336万7850円

    オフロード性能も本格的! 「FJクルーザー」はルックスだけでなく、ヘビーデューティさでもランクルの魂を継承していた。
  • トヨタ海外仕様車試乗会(後編)【試乗記】 2010.10.31 試乗記 先に、「マトリックス」や「アイゴ」などハッチバックを中心にリポートした「日本で買えないトヨタ」の試乗記。後編では、個性的な3台のSUVを紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • メルセデス・ベンツが『スター・ウォーズ』とコラボした「CLA」を発表 2017.5.2 自動車ニュース 2017年5月2日、5月4日の「スター・ウォーズの日」(“May the Force be with you”と“May the Fourth”の語呂合わせ)を前にして、メルセデス・ベンツと映画『スター・ウォーズ』がコラボした特別プロジェクト発表イベントが都内で開催された。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
ホームへ戻る