【スペック】マツダ・スピードアクセラ:全長×全幅×全高=4435×1765×1465mm/ホイールベース=2640mm/車重=1390kg/駆動方式=FF/2.3リッター直4DOHC16バルブターボ(264ps/5500rpm、38.7kgm/3000rpm)/価格=241万円(テスト車=285万4864円/キーレスエントリー+ダークティンテッドガラス+BOSEサウンドシステム+カーテンエアバッグ+ディスチャージヘッドランプ+ミュージックHDD=44万4864円)

トヨタ・ブレイドマスターG(FF/6AT) vs マツダ・スピードアクセラ(FF/6MT)【短評(後編)】

ブレてるぞ!(後編) 2007.09.19 試乗記 トヨタ・ブレイドマスターG(FF/6AT)/マツダ・スピードアクセラ(FF/6MT)
……356万8950円/285万4864円

3.5リッターモデルの「トヨタ・ブレイドマスター」に試乗。好感が持てる乗り心地を実感したリポーターだったが……。

隅々まで「スポーティ」

「ブレイドマスター」が良くできたプロダクトであることは理解できるものの、何を訴えたいのかいまいちわからないのだった。それは、狙いがはっきりしている(しすぎている?)「マツダスピード・アクセラ」に乗って試乗会に出掛けたからだろう。このクルマ、エクステリアからインテリア、そしてエンジンルームから足まわりにいたるまで、いたる所に「スポーティ」と大書してあるかのようなわかりやすさを持っている。

室内には少しくぐもった重低音の排気音が満ち、ずっしり手応えのあるステアリングホイールを握り、がっちり重いクラッチを踏み込んでギアを1速に入れる。そうするともう、走り出す前なのに「おいらヤル気だぜ」というムードがびんびん伝わってくる。走る前から主張する、ってことはつまり、それだけ主張したいことが多いことの現れだ。

すぐ慣れるけれど最初はちょっとミートポイントがつかみにくいクラッチを慎重に操作してスタート、エンジンは意外と温和な性格で、乗り手を油断させる。ところがどっこい、3500rpmを超えるとターボユニット特有の前方に吸い込まれるワープ感覚が襲う。ヘビーウェットの路面でも、シャシーは2.3リッター直4ターボが発生する最高出力264psと最大トルク38.7kgmを見事に使いこなし、フル加速してもDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)が出動することもない。

「料金所からの加速で、回転を上げてドンとクラッチを繋いだらホイールスピンするばかりで前に進みませんでした」と、同行したNAVI編集部の吉岡卓朗記者は口をとんがらせるが、よい子のみなさんはそういうことをしちゃいけません。

市街地、高速道路を問わず、乗り心地は基本的にハードで、特に路面がシワシワになった山道なんかの乗り心地はオジサンには結構ツライ。だけど、山道はおろか、街角でくるっと曲がるときでも軽快で面白い。面白いけどツライ、だからオモツライ……、ってどこかで聞いたようなセリフ。それはさておき、このクルマは乗っている人を楽しませたいんだな、ということがよーくわかるのだった。

マツダ・スピードアクセラのインパネ(写真=マツダ)
マツダ・スピードアクセラのインパネ(写真=マツダ)
マツダ・スピードアクセラに搭載される「MZR 2.3 DISI ターボエンジン」(写真=マツダ)
マツダ・スピードアクセラに搭載される「MZR 2.3 DISI ターボエンジン」(写真=マツダ)
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
ホームへ戻る