クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】マツダ・スピードアクセラ:全長×全幅×全高=4435×1765×1465mm/ホイールベース=2640mm/車重=1390kg/駆動方式=FF/2.3リッター直4DOHC16バルブターボ(264ps/5500rpm、38.7kgm/3000rpm)/価格=241万円(テスト車=285万4864円/キーレスエントリー+ダークティンテッドガラス+BOSEサウンドシステム+カーテンエアバッグ+ディスチャージヘッドランプ+ミュージックHDD=44万4864円)

トヨタ・ブレイドマスターG(FF/6AT) vs マツダ・スピードアクセラ(FF/6MT)【短評(後編)】

ブレてるぞ!(後編) 2007.09.19 試乗記 トヨタ・ブレイドマスターG(FF/6AT)/マツダ・スピードアクセラ(FF/6MT)
……356万8950円/285万4864円

3.5リッターモデルの「トヨタ・ブレイドマスター」に試乗。好感が持てる乗り心地を実感したリポーターだったが……。

隅々まで「スポーティ」

「ブレイドマスター」が良くできたプロダクトであることは理解できるものの、何を訴えたいのかいまいちわからないのだった。それは、狙いがはっきりしている(しすぎている?)「マツダスピード・アクセラ」に乗って試乗会に出掛けたからだろう。このクルマ、エクステリアからインテリア、そしてエンジンルームから足まわりにいたるまで、いたる所に「スポーティ」と大書してあるかのようなわかりやすさを持っている。

室内には少しくぐもった重低音の排気音が満ち、ずっしり手応えのあるステアリングホイールを握り、がっちり重いクラッチを踏み込んでギアを1速に入れる。そうするともう、走り出す前なのに「おいらヤル気だぜ」というムードがびんびん伝わってくる。走る前から主張する、ってことはつまり、それだけ主張したいことが多いことの現れだ。

すぐ慣れるけれど最初はちょっとミートポイントがつかみにくいクラッチを慎重に操作してスタート、エンジンは意外と温和な性格で、乗り手を油断させる。ところがどっこい、3500rpmを超えるとターボユニット特有の前方に吸い込まれるワープ感覚が襲う。ヘビーウェットの路面でも、シャシーは2.3リッター直4ターボが発生する最高出力264psと最大トルク38.7kgmを見事に使いこなし、フル加速してもDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)が出動することもない。

「料金所からの加速で、回転を上げてドンとクラッチを繋いだらホイールスピンするばかりで前に進みませんでした」と、同行したNAVI編集部の吉岡卓朗記者は口をとんがらせるが、よい子のみなさんはそういうことをしちゃいけません。

市街地、高速道路を問わず、乗り心地は基本的にハードで、特に路面がシワシワになった山道なんかの乗り心地はオジサンには結構ツライ。だけど、山道はおろか、街角でくるっと曲がるときでも軽快で面白い。面白いけどツライ、だからオモツライ……、ってどこかで聞いたようなセリフ。それはさておき、このクルマは乗っている人を楽しませたいんだな、ということがよーくわかるのだった。

マツダ・スピードアクセラのインパネ(写真=マツダ)
マツダ・スピードアクセラのインパネ(写真=マツダ) 拡大
マツダ・スピードアクセラに搭載される「MZR 2.3 DISI ターボエンジン」(写真=マツダ)
マツダ・スピードアクセラに搭載される「MZR 2.3 DISI ターボエンジン」(写真=マツダ) 拡大
 
トヨタ・ブレイドマスターG(FF/6AT) vs マツダ・スピードアクセラ(FF/6MT)【短評(後編)】

軸はブレていないか

「ブレイドマスター」と「マツダスピード・アクセラ」この2台の高出力エンジン搭載のFFハッチバックをかわりばんこに乗っていると、ガラにもなく「クルマってなんだろ?」というスケールのデカいことを考えてしまうのだった。

万人にお勧めできるのは、間違いなくブレイドマスターでしょう。あんまり付き合いの深くないお隣さんに奨めてもたぶん大丈夫。いっぽうマツダスピード・アクセラをよく知らないお隣さんに奨めようものなら、乗り心地は悪いわうるさいわ、挙げ句に下取りが安いわでご近所の関係が悪くなる可能性がある。

だけど、運転が好きな人にだったら胸を張ってお奨めできる。胸のすくような加速感が味わえるわタバコ屋まで行くだけでドライブの実感が味わえるわ、しかもマニュアルトランスミッションのFFターボなんて稀少だ。下取りのことなんて考えずに、朽ち果てるまで乗り続ければいい。

てなことを考えた後、もういっかいブレイドマスターに乗る。ブレイドマスターはやっぱり静かでしなやかで、大人向けの高級ハッチ、小さい高級車ってコンセプトは絶対にアリなんだと思う。そのいっぽうで、内外装が大人のムードをブチ壊している。「オーリス」と同じコンポーネンツを使い回すというあたりで、「小さな高級車」的コンセプトが徹底されていない。「若作りをしているお年寄り」のようでもあり、「老けた若者」のようでもある。

いっぽう、マツダスピード・アクセラは「ホットハッチ」を貫いている。軸にブレがない。ブレイドマスターには、「ブレてるぞ、マスター」と声をかけてやりたい。

(文=サトー タケシ/写真=市 建治、マツダ)

関連キーワード:
ブレイドアクセラスポーツトヨタマツダ試乗記

あなたにおすすめの記事