「トヨタ・ランドクルーザー」が9年ぶりにフルモデルチェンジ

2007.09.18 自動車ニュース

「トヨタ・ランドクルーザー」が9年ぶりにフルモデルチェンジ

「トヨタ・ランドクルーザー」が9年ぶりにフルモデルチェンジ

トヨタ自動車は2007年9月18日、本格クロスカントリーモデル「ランドクルーザー」をフルモデルチェンジした。

トヨタ自動車の渡辺捷昭社長。世界各地域にも本格的なデリバリーがされる2008年には、年間10万台を目指す考えであるという。
「トヨタ・ランドクルーザー」が9年ぶりにフルモデルチェンジ

■King of 4WDを目指して

その高い走破性から「はたらくクルマ」としても世界各国で活躍する、本格オフローダー「ランドクルーザー」が、およそ9年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。

高級SUV市場で人気の車種が、こぞって高いオンロード性能を謳う中、かたくなにオフロード性能にこだわる同車。「The King of 4WD」をテーマに、今回のモデルチェンジでもオフロード走行性能の向上を一番に押し出した。

従来モデルから、路面からの高負荷に耐えられるフレーム構造やサスペンションを一新し、エンジンもパワーアップ。一回り大きくなったボディは、居住性をさらに増し、高級感や上質感も高められたという。

価格はベーシックな「AX」グレードが470.0万円、上級「AX Gセレクション」が540.0万円。月の販売台数は700台とされる。


「トヨタ・ランドクルーザー」が9年ぶりにフルモデルチェンジ

■ランドクルーザーの伝統を損なわないデザイン

2850mmというホイールベースはそのままに、全長×全幅×全高=4950(+60)×1970(+30)×1880(+10)mmと、ディメンションは従来型より一回り大ぶりになった(カッコ内は先代モデル)。

より厚みを増したフード部分と大きなグリルが鎮座するフェイスマスクは、新しいモチーフを用いつつ、ランドクルーザーの伝統をモダンに表現したものという。
機能美を謳うインテリアは、質感と精度感を高めたことで、信頼感を与えるデザインが表現された。上級グレード「Gセレクション」では、木目調のパネル類が配される。


「トヨタ・ランドクルーザー」が9年ぶりにフルモデルチェンジの画像

「トヨタ・ランドクルーザー」が9年ぶりにフルモデルチェンジの画像

■トルセン式LSDを新たに採用

4.7リッターV8エンジン「2UZ-FE」ユニットは従来と同型ながらも、可変バルブタイミング機構VVT-iを備えたことで、最高出力は従来比53ps上乗せされた288psを発生。最大トルクは45.7kgmとなる。トランスミッションは従来同様、5段のオートマチックだが、マニュアルモード付きと新しくされた。
およそ2.5トンという重量級ボディを運ぶ燃費は6.6km/リッター(10・15モード)。

フルタイム4WDシステムの前後駆動力配分には、トルセン式のLSDが用いられた。通常は前40:後60だが、旋回時やスリップ時などに、トラクション確保に最適な駆動力を各輪に与える。
ハイ/ロー2段階の副変速機はダイヤルで、センターデフロックはスイッチで操作が可能。

上級グレード「Gセレクション」には、前後スタビライザーの作動をコントロールする「KDDS(Kinetic Dynamic Suspension System)」が付与される。走行状況や路面状況に応じ、油圧で作動を制御するもので、オンロードではロール剛性を高めつつ、オフロードでは大きなホイールストロークが確保できる。


「トヨタ・ランドクルーザー」が9年ぶりにフルモデルチェンジの画像
「トヨタ・ランドクルーザー」が9年ぶりにフルモデルチェンジの画像

■極低速走行を助けるクロールコントロールは世界初

こだわりのフレーム構造は、軽量化、高剛性化を図るべく新開発されたものが用いられた。
サスペンションも改められ、ダブルウィッシュボーンのフロントサスはトーションバーからコイルスプリング式に変更された。これにより、十分なサスペンションストロークの確保とアライメント変化の抑制ができ、高いオフロード走行性能と優れた乗り心地を実現したという。

あらゆる路面状況に対応する「マルチテレインABS」や、走行安定性確保の「アクティブトラクションコントロール」、坂道発進を助ける「ヒルスタートアシストコントロール」などが備わる中、注目の機能は世界初となる「クロールコントロール」。これは、岩石路や泥濘路など微妙な速度調整が必要な時に、エンジンとブレーキを自動制御し、上り下りを問わずに1〜5km/hを維持して走行する仕組み。ドライバーはアクセルとブレーキ操作が不要となるため、ステアリング操作に集中することができるという。


「トヨタ・ランドクルーザー」が9年ぶりにフルモデルチェンジの画像
上下分割開閉式のテールゲート。3列8人乗りのシートは、2列目に6:4のタンブル機能付き。3列目は左右に跳ね上げることで、さまざまなシートアレンジができる。
上下分割開閉式のテールゲート。3列8人乗りのシートは、2列目に6:4のタンブル機能付き。3列目は左右に跳ね上げることで、さまざまなシートアレンジができる。

■盗難対策も万全

快適装備はトヨタブランドの最上級SUVとしてふさわしいもの。前席だけでなく、2列目シートの左右まで独立してコントロールできる4ゾーンのオートエアコンを標準装備。上級グレードでは2列目にもシートヒーターが備わる。

運転席助手席エアバッグのほか、サイドエアバッグ、ニーエアバッグ、カーテンエアバッグまで付与され、全席に3点式シートベルトが与えられる。

盗難件数が多いことでも有名な同車には、高いレベルの防犯機能も標準装備される。イモビライザーはもちろん、レッカーでの持ち去りに対応する車両の傾斜センサー、ドアのこじ開けや窓からの侵入を探知するセンサーなども備わる。センサーが反応するとパワーサイレンが鳴る仕組みで、バッテリーを取り外しても作動する。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る