【スペック】ブレイドマスターG:全長×全幅×全高=4260×1760×1515mm/ホイールベース=2600mm/車重=1480kg/駆動方式=FF/3.5リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、35.1kgm/4700rpm)/価格=323万4000円(テスト車=356万8950円/特別色(ディープゴールドパールクリスタルシャイン)=3万1500円/HDDナビゲーションシステム+バッグガイドモニター+ETCユニット=279300円/インテリジェントパーキングアシスト(駐車空間検出機能付)=24150円)

トヨタ・ブレイドマスターG(FF/6AT) vs マツダ・スピードアクセラ(FF/6MT)【短評(前編)】

ブレてるぞ!(前編) 2007.09.17 試乗記 トヨタ・ブレイドマスターG(FF/6AT)/マツダ・スピードアクセラ(FF/6MT)
……356万8950円/285万4864円

2007年8月1日、トヨタのコンパクトカー「ブレイド」に3.5リッターV6モデルが追加された。上級ハッチの走りはどうなのか?

タメ口か敬語か

最近困るのが、会う人会う人の年齢がイマイチわからなくなっていることだ。ここ数年、仕事で月一度くらいのペースで会う人がいて、そのダンディなスーツの着こなし、落ち着いた物腰から自分より4つ5つ年上の40歳代半ばの方だと思っていたら、なんと! 自分よりひとつ年下でがく然とした。厄介なのは逆のケースで、年下だと思って「あっそう、頼むわ」なんてタメ口でしゃべった後に年上だとわかって、「お願いいたします」的口調になるのは非常に気まずい。

3.5リッターのV6エンジンを積む「トヨタ・ブレイド」の追加モデル、「ブレイドマスター」もまた、タメ口でいいのか敬語を使うべきなのか、腕組みしてしまうようなクルマだった。

試乗会当日は台風9号がまさに直撃せんとしていた大荒れの天候で、会場となった大磯プリンスホテルの周辺を走る西湘バイパスが高波のために通行止めになっていた。

土砂降りの雨を避けて、早速、ブレイドマスターに乗り込む。ステアリングホイールに柔らかくていかにも値段が高そうな革が用いられていたり、ダッシュボード(の一部)にシックな質感のアルカンタラが貼られていたり、いたるところに「プレミアム」な演出が施されている。このあたり、「リッチな子離れ層」にロックオンした感あり。

いっぽう、そうした高級感は、近未来的なセンターコンソールやチャレンジングなサイドブレーキの形状とはミスマッチ。若作りしたエクステリアといい、ま、「最近の子離れ層はデザインがわかっているから少しぐらい遊んだ造形でもOK」という言い方もできるでしょうが、アタマに浮かぶのは「オーリスと共通だから仕方ない」という寂しいセリフである。

う〜ん、この人は何歳なんでしょう? 年上か年下か、はたまたタメ年か、そんなことをモヤモヤと考えながら箱根を目指す。

 
トヨタ・ブレイドマスターG(FF/6AT) vs マツダ・スピードアクセラ(FF/6MT)【短評(前編)】の画像
 
トヨタ・ブレイドマスターG(FF/6AT) vs マツダ・スピードアクセラ(FF/6MT)【短評(前編)】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る