第8回:イタリア、世界一の「スマート王国」に? 激安レンタカーも(大矢アキオ)

2007.09.15 エッセイ

第8回:イタリア、世界一の「スマート王国」に? 激安レンタカーも(大矢アキオ)

世界一の「スマート天国」に

ここのところイタリアでは、「スマート・フォーツー」がブームともいえる売れ行きを示している。
今年6月に前年比47%増の3500台を売り上げ、1998年の初代発売以来の最高月販記録を更新した。続く7月には前年比94%増の3700台を販売、ふたたび記録を塗り替えたばかりか、市場シェアも1.7%まで上昇した。つまり、イタリアで売れたクルマの100台に1台以上はスマートということになる。

2007年1月〜7月の累計販売台数も、1万7600台(データはいずれもダイムラー・クライスラー発表)に達した。
以前からスマートにとってイタリアは、本国ドイツに次ぐ世界第2位の市場だったが、今年はいよいよそれを抜く可能性がでてきた。販売増加の理由はといえば、モデルチェンジ効果よりも、昨今の燃料高騰とイタリアで実施された新車買い替え奨励金政策の効果であろう。
その証拠に、エンスージアストを除いて、一般人の間でモデルチェンジしたのを知る人は極めて少ない。ディーラーで説明されて「ああ、そうなの」と気づく人のほうが多いに違いない。

ちなみにフィアットも、指をくわえているだけではないようだ。2人乗りもしくは2+2のシティコミューターを模索中であることは、欧州のさまざまなメディアが伝えるところである。

観光レンタカーの看板車種として、スマートを導入するところも増えてきた。(提供:CorMagis Travel/www.cormagistravel.com)
観光レンタカーの看板車種として、スマートを導入するところも増えてきた。(提供:CorMagis Travel/www.cormagistravel.com)
イタリアにおけるマイクロカー、世代交代の図。
イタリアにおけるマイクロカー、世代交代の図。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • 「アウディQ3」が、よりスポーティーなデザインに 2017.3.6 自動車ニュース アウディがSUV「Q3」の仕様を一部変更。「1.4 TFSIスポーツ」「2.0 TFSIクワトロ」の2グレード、およびオプションである「Sラインパッケージ」「Sラインエクステリアパッケージ」に、よりスポーティーな新デザインのバンパーを採用した。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
ホームへ戻る