第8回:イタリア、世界一の「スマート王国」に? 激安レンタカーも(大矢アキオ)

2007.09.15 マッキナ あらモーダ!

第8回:イタリア、世界一の「スマート王国」に? 激安レンタカーも(大矢アキオ)

世界一の「スマート天国」に

ここのところイタリアでは、「スマート・フォーツー」がブームともいえる売れ行きを示している。
今年6月に前年比47%増の3500台を売り上げ、1998年の初代発売以来の最高月販記録を更新した。続く7月には前年比94%増の3700台を販売、ふたたび記録を塗り替えたばかりか、市場シェアも1.7%まで上昇した。つまり、イタリアで売れたクルマの100台に1台以上はスマートということになる。

2007年1月〜7月の累計販売台数も、1万7600台(データはいずれもダイムラー・クライスラー発表)に達した。
以前からスマートにとってイタリアは、本国ドイツに次ぐ世界第2位の市場だったが、今年はいよいよそれを抜く可能性がでてきた。販売増加の理由はといえば、モデルチェンジ効果よりも、昨今の燃料高騰とイタリアで実施された新車買い替え奨励金政策の効果であろう。
その証拠に、エンスージアストを除いて、一般人の間でモデルチェンジしたのを知る人は極めて少ない。ディーラーで説明されて「ああ、そうなの」と気づく人のほうが多いに違いない。

ちなみにフィアットも、指をくわえているだけではないようだ。2人乗りもしくは2+2のシティコミューターを模索中であることは、欧州のさまざまなメディアが伝えるところである。

観光レンタカーの看板車種として、スマートを導入するところも増えてきた。(提供:CorMagis Travel/www.cormagistravel.com)
観光レンタカーの看板車種として、スマートを導入するところも増えてきた。(提供:CorMagis Travel/www.cormagistravel.com)
イタリアにおけるマイクロカー、世代交代の図。
イタリアにおけるマイクロカー、世代交代の図。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記
  • スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド/フォーフォー ターボ【試乗記】 2016.9.29 試乗記