新型SUV「フォルクスワーゲン・ティグアン」発表【フランクフルトショー07】

2007.09.14 自動車ニュース

【フランクフルトショー07】新型SUV「フォルクスワーゲン・ティグアン」発表

独フォルクスワーゲンは開催中の2007年フランクフルト・モーターショーで、新型SUV「ティグアン」を発表した。

サイズ的にトゥアレグの弟分となる「ティグアン」は、全エンジンに過給器が搭載されている点が特徴。近年のフォルクスワーゲン車の流行に則り、ターボチャージャー付き直噴エンジンとターボチャージャー+スーパーチャージャー付き直噴エンジンの合計3種類のガソリンエンジンを設定している。ディーゼルエンジン搭載車もラインナップされ、Euro-5の排ガス規制をパスする。

ティグアンには、「トレンド&ファン」「スポーツ&スタイル」「トラック&フィールド」という3種類の装備バージョン、2種類のボディバリエーションが設定され、用途や好みによって選択する。

なかでも本格的なオフロード走行に対応している「トラック&フィールド」は、アプローチアングルが他モデル(18度)に対してより大きな28度を実現。他にもオフロードモードやラフロード走行を安全にする各種支援システムが備わっている。

また、駐車がほぼ全自動になるというパークアシストシステムや最大2500kgを牽引することができる新設計のスイベリングトレーラーヒッチを装備。その他、60:40の分割可倒式リアシートやカーゴスペースの自由度の高い調整機能により、最大1510リッターの容量を確保、バンに匹敵する積載力と謳う。

なお、日本市場への導入は未定である。

(webCG 玉城)


新型SUV「フォルクスワーゲン・ティグアン」発表【フランクフルトショー07】

新型SUV「フォルクスワーゲン・ティグアン」発表【フランクフルトショー07】
トラック&フィールド仕様
新型SUV「フォルクスワーゲン・ティグアン」発表【フランクフルトショー07】

新型SUV「フォルクスワーゲン・ティグアン」発表【フランクフルトショー07】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。